花といっしょ 歯のこと
あくび=顎関節問題なし 
先日、歯科の奥田先生にかかったときのことで、残しておくのを忘れていたことがありました。


診療中、緊張から大あくびをしたちいちゃい子。
その様子を見て、唐突に顎関節は問題ないね、とおっしゃたのです。

どういう意味で口にされたのかわからないのですが、顎関節に問題があるとあくびができないそうです。

食事ができてる(咀嚼できている)から問題ないと思う飼い主さんもいるけど、あくびで判断するんです、とのこと。
歯が悪いと顎の関節に影響が出ると言うことかしら?


みなさんの愛犬、大口開けて、あくびしてますか?


おもしろく手足を折りたたんでました。
かえって疲れそう・・・
しびれない?


おかあしゃんも大口開けてあくびするの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト
【2017/09/21 23:33 】 | 歯のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
勉強しなさい!
週末は歯科健診でした。
毎回、宿題、課題をやっていないのに受ける試験みたいで、ひやひやしながら向かいます。

課題は、歯ブラシを使って磨くことですが、これ、できてません。
結果として歯垢がつかないようにしていれば、及第なので、丁寧に丁寧に、ていね~~いに指で磨いて、ごまかしていました。


気にしていた奥歯の辺りはクリアでしたが、先生が前歯に触れようとして、いやん、と顔をそむけてしまいました。

そこで大人しく歯に触らせる練習という課題が出てしまいました。
左手で口を開け、そのまま左人指し指を横に通し、5秒じっとしているという練習です。


で、↑この形、先生では上手にやらせてくれますが、母はできない。
形だけでもまねようとして、うまくできない。

けっこう強引なことして、先生には怒られるやら、呆れられるやら、とうとうダメだとまで言われてしまいました。
強引なことしても、許してくれる、花に助けられてますが、花に強いるのではなく、上手にできるように、今度こそ練習せねば・・・

できるか、自分!

ただ、先生から、私にはやらせるけれど、おかあさんには甘えが出ると言われました。
困ることではあるけれど、家族感満載で、ちょっぴりうれしい・・・


次の試験は二カ月後。
今度こそ、課題やってないとバレる・・・


おかあしゃん、ちゃんとしてね。
が、がんばるよ


そりゃ、先生にはちゃんとしなくちゃだもん、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2017/09/11 23:32 】 | 歯のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
プレッシャー歯科健診
日中、ドンガラドンガラ、雷が鳴り続けました。
停電した地域もありました。

ちいちゃい子大丈夫だろうか、身の置き所がなく、うろうろしてるだろうにと、胸が痛くなります。
帰宅したら元気に出迎えてはくれましたが、ちょっと気がかりなことも。
これは別途です。


週末、歯科検診に行ってきました。
前回(5月)、ことと次第によっては、再度麻酔除去かもと言われていました。

やはり、歯ブラシを使っての歯磨きはできず、それでも今までよりさらに細やかに指磨きをしていました。
それが吉とでるか凶と出るか、かなりプレッシャーでした。

結果は、麻酔による除去の話は出ず、ただし、おかあさん、もっとがんばりなさい!!!!!でした、


歯ブラシ使ってますか?
こうやって、こうして・・・

それはこういうことですか?

違う!!
何見てるの!

えっと・・・

だからこうして、と再実演・・・

とまぁ、厳しい指導があり、次回は2ヶ月後。
(おかあさんがちゃんとやれてるか)チェックします、とのこと・・・

二日に1回でも(自分に甘い)、歯ブラシを使うことを真剣にせねばです・・・


気がかり・・・
あ、元気ですよ!
元気です



歯を触られたの。
でもおかあしゃんより上手だし、いっぱい褒めてくれるから、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2017/07/18 23:21 】 | 歯のこと | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
歯科検診~もろもろ撃沈
昨年末以来の歯科検診に行きました。

指磨きでは隙間部分に手が届かず、特に下の歯の磨き残しが気になっていました。
予想通り、大体は良いけれど・・・で、ところどころの磨き残しを指摘されました。

再来月、7月に再チェックし、(麻酔下で)歯石除去するかもと、いわれました。
ただし、絶対量が少ないので、短時間で処置できるため、薬量も少ないとのことです。


指でここまででききている(=花が協力してくれている)のだから、歯ブラシを練習しましょう、と磨き方を指導されました。

真似してやろうと触ったら、(私がさわってるの)手を出さないと叱られました(^^ゞ
単金の高い先生が処置してるときは、見て学べってことなのでしょうが、先生のにやり方チェックしてほしかっただけだったのですが。


磨き残しは下の歯と思ったので、下・・・と言ったら、上もできてないのに(ばっさり)

上はまぁまぁイケテルつもりだったのですが、指摘場所はたしかに指をあまり入れていなかった。
これは指での対処もしよう!



多分歯ブラシもやらせてくれると思います。
ただ、時間の兼ね合いで指になっています。

先生からは、あと5分、時間をかけなさいと言われました。
(普通の声で)5分あったら(小さな声で)寝たい、とぼやいたら、そんなんじゃ飼う資格ないでしょ!

ごもっともです。


5分、頑張れるかなぁ・・・
歯ブラシできちんと隅々まで磨ければ、7月時点で悪化していなければ、麻酔での除去は延期されるのかしら?



何か気になることはありますか?ときかれたので、深く眠っているときの歯ぎしりのような音について聞きました。
すると、犬は歯ぎしりをしない!と一刀両断(チーン)

ただし、見てはくれ、すり減ってるわけではない、噛み合わせが悪いから、音がするのかもと言われました。

ん~
歯ぎしりっぽいんだけれど・・・あの音はなんなんでしょう・・・


こんなふうに見ているときは、しないのですが、熟睡してるときにするのかなぁ。
ぎぃ?

おかあしゃんじゃない人に歯を触られたの。
でもおかあしゃんより上手だし、褒めてくれるから、OKなの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
重ね重ね、チーン・・・
【2017/05/29 23:48 】 | 歯のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
歯科検診
今回のハシゴ診療。
Y先生を終え、一旦帰宅しましたが、すぐに、今年の5月に奥歯を抜いた後の経過チェックのため、ベテックデンティストリー 奥田先生のところに行ってきました。

歯の状態チェックもありますが、歯磨きがちゃんとできているのか、母の考査です(^^ゞ

奥田先生、見せてね、と優しく声を掛けて、チェックしながら、もう一人の先生に、この子はいい子だから大丈夫よ、とおっしゃってくれました(うれしい)


状態については、切歯(前歯)の欠けは問題なし。
第四臼歯が少し欠けてることについても、顔が腫れたりしていなければ、経過観察で構わない。


そして懸案の歯磨き!
できてますね、と、なんと無事通過しました!!

全体的に真っ白ではないですし、たまに口臭がするときもあるので、単にwell(できている)。
消してbetterでもbestでもない、ってことは解ってますが。


でも、まぁまぁ歯磨きができてるから、次回は手術が5月だったので、その頃にと、言われました。


気になっていた臼歯の縦にある茶色い筋について、この筋がと言いかけたら、ここはエナメル質が薄いところだから(取ろうと)無理に引っ掻かない!と厳しい口調で言われました。

いやいや、そんなことはしてないし、付いてしまったものはもう取れないし、それを聞きたかったわけではないのです。
なので、頑張って、指磨きだから、細い溝が磨ききれずに残ってしまったのか、溝をきちんと磨くようにするほうが良いのか、と聞くと、気にしなくて良いとのこと。



ただ、最後に衝撃の事実が!!
頑張ったので、煮干しをあげたのですが、それを見ていた奥田先生ではないもう一人の先生?から、煮干しあまりあげてはいけません!!

えっ?
なんで?

これがだめならあげるおやつなくなってしまう!!


あわあわしてしまいましたが、どうも、骨に含まれるナントカが過剰になるとよくないらしいです。
どうしてもあげるなら、頭と内臓と背骨をとって、身だけにしてあげるように、とのこと。

内臓はY先生に言われて取るようにしていたのですが、頭も背骨もとなると、可食部分、半分になります。
小さい煮干しだとちょっと大変。

一緒に鮭トバ持ってたのですが、これあげればよかったかなぁ・・・
知らなきゃ良かった、って未然に気づかせていただけたのをヨシとせねばですが。


さらに、口腔用のジェル、あまり花が好きではないようなので、使っていなかったのですが、なるべく使うようにとのこと。
本来は、歯磨き後これを塗り、少しの間水も飲ませないようにすることで、歯磨き効果が上がるらしいです。

ただ、現在の指磨きのタイミングでは、これをうまく使うことができません。
これについてもbestではなく、wellでなんとかと自分に甘くなっています。

花を守れるのは母だけなのですが、もろもろハードルが高い・・・


まったり。
うつらうつら

おかあしゃん、喜んで凹んで忙しそうだったの。
あたちもなんだか疲れたの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/12/29 23:44 】 | 歯のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ため息、どよよ~ん
歯科の検診予約をしなくてはならない時期になり、いつもよりじっくり口の中を見ました。
口臭がする時もあるので気になっており、しっかりチェックしたら・・・


指磨きなので(言い訳)、指が届かない細い隙間に歯垢というか歯石がついてしまっている。
歯の内側も汚れてる気がする。

頑張っていたつもりだったけど・・・
深~いため息、どよよ~ん・・・


細かいところ、やっぱりハブラシじゃないとだめなのかしら?
内側はつきにくいって言ってたけど・・・

怒られるかなぁ・・・


白内障が進んでいるのか、光の加減か、タペタムがブル-。
どっちかな


お口かぽ~んしていっぱいチェックされたの、いい子でかぽ~んしてたのに、え~っ!って言われたの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/12/04 23:32 】 | 歯のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
歯科チェック 
検診で、歯科の奥田先生のところに行きました。

相変わらずハブラシはどうもうまくできず、指磨き中心です。
なんて言われるのか、厳しい指摘があるのか、戦々恐々でしたが、特に何もありませんでした。

大丈夫、磨けてますよと言われたわけではないのですが、だめならきっと叱られたろうから、なにも言われないのは、セーフということでしょう。
(できてると言ってほしかったですが)

放置になっている前歯の欠けも、問題なし。

抜歯した奥歯のチェックかと思っていたのですが、奥歯より前歯だったかも。


昨日から、急にかゆみが出て、赤くなっているせいもあったのかもしれません。
アレルギーのことをかなり気にされ、専門医にかかっているのか、一度専門医に相談してみたらどうかと言われました。

アレルギーがある子は、口腔に問題が出ることが多いそうです。
ちみちみしてしまうと、柴犬の固い毛が歯と歯茎の間や、歯茎そのものを傷つけることもあるそうです。

Y先生と相談してみると答えましたが、ん~どうしましょう・・・


歯科通院、凹むかもしれないから、帰宅後、母のみ、楽しい予定を入れておきました。
深謀遠慮(^^ゞ 


あら、出かけるの?
ま、寝てるわ。
あたちは寝てるわ



お口いっぱい触られて、あたちのほうがやだったのに、楽しいことはおかあしゃんだけなの?という花にぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
ギクっ(^^ゞ
【2016/06/17 23:30 】 | 歯のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
なんとまぁ!
歯に関して、もう一つびっくりなことを残しておくのを忘れてました。
花、歯が一本欠損しています・・・

左上前臼歯、奥歯と犬歯の間にある4本のうちの、犬歯のすぐ後ろの歯です。

抜けたのでもなく、もともと生えてない。
歯と歯の隙間がいっぱい空いてるくらいに思っていたんですが、なんとまぁ!

ちょっとわかりにくいですが、線で結んだ対の歯がありません。
上は欠損、下は抜いた歯。
口の中!

お口カポンさせるときなど、隙間に指を当てていたのですが、それって欠損していたからできたことみたいです。
歯並び悪いし、欠損してるし、だから豆柴はってことなのでしょう。

でも、そんな口腔でも、きれいな歯でいられるように、おかあさん頑張るよ!

いや、あたちとしては、そんなに頑張らなくても。
だめだめ


あたちのこと、新たな発見があったらしいの、なんだろ、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/05/22 23:29 】 | 歯のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
奥田先生歯科治療~それにひきかえおかあさんは編
今回の治療では、うれしいことに、何回も、ほんとにこの子はいい子と言われました。
一方で、それにひきかえおかあさんは的なことがいろいろありました。


病院に入ってから、麻酔の準備が整うまで、30分くらい、花は診察台に乗っていました。
助手の方に撫でられながら、しっかりくつろいでいたようです。

基本は怖がりなんです、と言ったところ、言下に、それは違う!
怖がる子はこんな風に伏せていられない、くつろいでいない。


あまりの強い否定に、心がざわざわし、こうやって穏やかに診察台にいられるために、早く着いた30分待ってる間も、ずっとリュックに入れて背負ってたんだい。
そりゃ、今は平らかにしてるけど、基本は怖がり。
心の中で反論しまくり。

表情に出たのか、この時点で、先生方に、もしかしてこのおかあさんは神経質?と擦り込まれた模様。

でも怖がりに関しては、言いたいこと思うこと多々ありです。


ちょっとうろうろし始めた時に、なだめながら話しかけていたら、そういう言い方はダメ。

実は、怖いねって認めてから、頑張ろうね、いい子、強い子、などと話していました。
この認めがいけないそうです。

この子は人の話をよく聞いている子のようだから、怖いねというと、これは怖いのかと覚えてしまうとのこと。
助手の方はじょうず~と褒めていました。

認めってダメ?
当初は、認めはしていなかったのですが、ある時からそうするようにしたんだけどなぁ・・・


で、いろいろ話しかけてたら、おかあさん、うるさい!とまた注意(>_<)


ゆっくり考えたら歯垢が固まって歯石になるとわかりますが、わ~~っと説明された中で、歯石と歯垢を適当に使ったら、きっちり叱られ。


それでも、気になっていたこと、この子歯並び悪いですよね?と質問したら、悪い!と即答!!

小さな固体を掛け合わせただけだから、身体と骨格のサイズでこうなることがある。
ただ、歯並びがガタガタな割に、悪くなっていない、と褒められたのかけなされたのかわからないお答え。

骨格に関してはその通りと思いますが、豆柴を否定するような言葉には、やはり抵抗があります。
小さくした固体ということでは、トイプーやミニチュアダックスなども歯並び悪いのかしら(とは聞けませんでしたが)


手術の数日前から、右下の歯を触ると嫌がっていたし、なにかぽちっと出来ているように見えたのですが、先生は奥歯以外はトラブルなしとおっしゃいます。

それはうれしいですが、何度も、ありませんか、嫌がってましたと聞いてしまい、ありません!とこれまた叱られました。


そんなこんなで、おかあさん少し神経質過ぎます!!
ほんとうにこの子はいい子なんだから!(もう少しおかあさんが・・・)


はぁ・・・
親はなくとも子は育つ、いい子でよかった。

いつまでも怖がりと思っている花も、だんだんと自立しているんだから、それに合わせる必要もあるのかもしれません。
難しい・・・


できた娘^m^
モチろん


おかあしゃん凹まなくていいよ、あたちがちゃんとしてるから、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
ありがとう
【2016/05/10 23:35 】 | 歯のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
奥田先生歯科治療~処置編
ゴールデンウィーク中に行った歯科治療について、残しておきます。

長くなってしまいましたので、2回に分けます。
まずは、処置編です。


結論から言うと、欠けた前歯は、歯髄が露出しておらず、特に治療はありませんでした。
しかし、左上奥歯2本を抜くことになりました。


病院はマンションの一室を改造しています。

診療開始時間(9時)になると、1階に看板が設置されますが、紹介のみで診療しているため、オープンな感じはありません。
バスだったので、余裕を見て30分前には着いたのですが、その時点では看板も出ていませんでした。


執刀をするのは奥田先生ですが、そのほかに二人、助手の女性の先生がいました。
手術や麻酔の助手(先輩)と、飼い主に歯のいろいろを説明する助手(若手)のようです。

奥田先生はもとより、助手の先生も、花には柔らかい声を出しますが、愛想からはほど遠い。


念のため自宅から、使用しているハブラシと歯磨きを持参していました。

話の流れて、自宅には未開封の獣医師・・・と書いたハブラシがもう一本あると言ったところ、獣医師って、フン(鼻笑い)
私はそんなもの認めたことない、日本に歯科専門獣医は自分だけ。
自負も、技量も高い・・・


まずは、カルテを作成するため、いろいろなことを聞かれました。

どんなおもちゃを与えているか、おやつは、フードは、何を食べさせているか。
今のことだけでなく、過去からさかのぼってです。

ワクチン接種は何種?などかなり精密です。

対面していたのは、若い助手の先生ですが、内容を麻酔の準備をしている奥田先生にちょこちょこ確認、報告。
曖昧なことは許されない感じがして、正確に話そうとすると、緊張してしまい、少々テンパってしまいました。


そして、麻酔~処置が始まりました。
手術室はとなりの部屋ですが、丸見えです。

前歯をチェックし、手術台に呼ばれました。
レントゲンで説明を受け、これなら抜かなくて大丈夫と言われ、よかったと大きな声で言ってしまいました。


その後、少しして、あぁダメと、また呼ばれ、今度は奥歯の説明を受けました。

一番奥の歯が斜めに生えていて、奥から2番目の歯を押しており、3つある歯根のうちひとつが腐っているそうです。
痛みもあったらしい。

抜きます、否やの選択肢はないですが、同意を求められました。


今回このように見ていただかなったら、気づかず、もっとひどい状態になってしまったはずです。
抜くと言われた時はかなりショックでしたが、良い選択ができました。

この奥歯2本は咀嚼にも関係ない歯だそうです。

処置の最後にはステロイドを点滴したようです。
かゆみが出ていたので、助かりました。

使う薬や麻酔の管理に関しては、アレルギーがあるため、かなり注意深くしてくださったかもしれません。
その子の状態状況に応じ、適宜内容を変えているかもしれません。


麻酔中には、爪の手入れもしてもらえました。
ここでやってもらえるという他の方のブログを見ていたので、伸びたまま行ってしまいました(^^ゞ



手術が終わった時、麻酔を醒ますために、花ちゃんと名前を呼び、身体を揺すったところ、絶叫しました!
その後、身体は痙攣するように大暴れ。

処置の様子はすべて見ることができましたが、麻酔が醒めるから!大丈夫!と早口で言われ、大きな声で扉閉めて、と指示。


絶叫にはびっくりでしたが、肺に空気が送られる際の叫びとのこと。
大暴れは錯乱でしょうか、パニックの暴れに通じます。

醒める瞬間を初めて見、あんな風になるんだと、衝撃でした。


今後は、来月中旬に歯磨きがちゃんとできているかのチェック。
一年後くらいに、再度レントゲンを撮るかもしれません。

今回の費用は、麻酔、レントゲン、処置、すべて含めて6万ちょっとかかりました。
内服薬等の処方はありませんでした。


欠けに気づいた日に撮ったものです。
よく見ると◎が見えますが、この状態は、歯髄は露出していないということ。
セーフ

抜いた歯です。
右から一番奥の歯、さらに歯根別に3分割で抜いています。
一番奥歯に近い歯根、根元が黒いです。
持ち帰りました(^^ゞ


どんよりしてる風(実は眠いだけ)
眠いの


なんかいろんなことあったの、お口の中、ちょっと違う気がする、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/05/09 23:33 】 | 歯のこと | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
歯科治療終えて
ベテック デンティストリーにて、歯科治療をしました。
朝9時の予約で、10時ころから治療、麻酔は11時には醒め、12時には病院を後にしました。

前歯は抜かずにすみましたが、奥歯2本抜きました・・・


いろいろ書きたいこと、記録しておきたいことがあります。
少し整理して、後日。

いろんな意味で疲れました。
とにかく歯磨きは大切、ってことです。


帰宅直後、どうぞ休んでと自分のベッドにおろしたのですが、こっちがいいと寝室に移動。
リビングにいてくれたら、目が届くのですが。

多少残っているのか、ちろりんとしています。
こっちで休むの


一番大変だったのはあたちなの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
 ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/05/06 23:29 】 | 歯のこと | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
歯科治療の術前検査
5/6の歯科治療のための術前検査を、いつものY先生のところで行いました。

いつもより丁寧な聴診、エコー、血液検査、甲状腺機能の検査をしました。

エコーでは、肝臓、腎臓、胃、心臓など各臓器をチェック。
甲状腺機能の検査は外注で、血液検査の結果と合わせて、結果を歯科の奥田先生のほうに、連絡するとのことでした。


手術と今のアレルギーの状態のこと、抗ヒスタミン剤は直前まで飲めるのか。

術後一週間で時期になるフィラリアの薬はどうしたらよいか、狂犬病の注射もまだなので、術前に打ってかまわないか、やめたほうがよいか、などいろいろ相談もしました。

少しずつ緊張が高まってきます・・・


エコーではじっくり各臓器に当てていたため、ドキドキしてしまいましたが、目立つ所見なし。
安心しました。

ある意味健康診断ができました。

今回の検査、ざっくりですが、通常の血液検査、甲状腺機能検査、エコーで2万円ちょっとかかっています。
良心的なお値段とは思いますが、この後の歯科のこともあるし、ため息です・・・


お疲れさま。
まだもふもふだね


いろんなことされたの、おかあしゃんなんだか緊張してるから、あたちもドキドキしちゃったの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/04/29 23:26 】 | 歯のこと | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
切歯破切手術 日程決定
切歯(前歯)破切治療の予約電話をしました。

先生は来週も空いていたのですが、仕事のやりくりが難しく、少々先ですが、5/6(金)手術となりました。
露出部から菌が入らないと良いのですが。


治療は、ベテック デンティストリー 奥田綾子医師です。

ここは、診療は金曜と土曜のみ、かかりつけ病院からの紹介が必要な二次診療の病院です。
ですから、術前検査などは、主治医(Y先生)のところで済ませます。

血液検査など何をすべきかは、奥田先生と、Y先生とで会話になりました。

状態を見て、その場の判断で、残すか抜歯か決定だそうです。
Y先生なら選択肢は抜歯しかありませんが、残すことができるのなら、そうしてあげたい。


予約の段階で、既往も聞かれるだろうと、いつ、何の手術をしたかのメモは用意しました。
ところが想定を越える細かい質問があり、少しもごもごしてしまいました。

アメリカで学んだ先生なので、物言いが直截的です。
怖い、あるいは罵倒された、と書いてあるブログもあります。

確かに曖昧、情緒的な発言に対するダメ出しや、それはちょっとと思うことはいくつかありました。
が、自分はできませんが、直截的、理論的な会話は嫌いではありません。


また、検索すればするほど、とても難しい手術の執刀ができる確かなスキルをお持ちの先生です。
近くにこんなすばらしい先生がいて、たかだか前歯ですがお願いすることができるなんて、花は幸せ者です。


歯磨き。
2月から心を入れ替えて磨いていますと言ったら、さすが厳しい先生、心を入れ替えてと小さくつぶやき、鼻で笑った気がしました。
そして、普段のやり方を見せてください、正しいやり方を指導しますと言われました。

どうしよ~
心は入れ替えてても、なんちゃってなのに・・・(^^ゞ


花ちゃん、また試練になっちゃうね。
一緒に乗り越えようね

あたちの知らないところで、なんだか企みが練られてるの?という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/04/15 23:03 】 | 歯のこと | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
第二切歯(前歯)破切
口腔、歯をしげしげと見るようになり気づいた衝撃の事実。
花、前歯が欠けてます。

いつやったのか、気づいたのは週末です
奥歯しか注意して見ていなかったので、もっと前からなのか、わかりません。

痛そうにはしてなさそうだし、欠けるようなことした覚えない。
来月始めにはまたアレルギーで病院に行くから、それまで放置で良いかな、楽観視していました。


ただ、前歯を見ようと唇をめくると、いやんと顔をそむけたり、前足で手を払いのけようとしたり。
奥歯を触る方が受け入れてくれてるのは、欠けてるところを触られるのがいやだから?

これを書こうと少し調べたら、バイ菌が入ると危ないようで、慌ててY先生に相談の電話をしました。


診察しないとなんとも言えない(それもそうだ)
手に負えなかったら専門医を紹介します、奥田先生かT病院、とのことでした。


見てもらう前に奥田先生のことを調べたところ、動物歯科専門医のパイオニア的第一人者とのこと。
また、小学生の時に住んでいたところの近くで住所になじみがあるし、万一はここがいいなと勝手に心づもりしました。

そして、会社からダッシュ帰宅し、Y先生のところに行きました。


診断は第二切歯破切、歯髄露出、直上歯肉に炎症。
破切時期は、歯石除去時に折れていたら気づいていたと思うし、痕が新しいので、最近でしょう。

Y先生なら抜歯!だそうですが、一縷の望みをかけて、奥田先生を紹介してもらいました。


ベテック デンティストリーというところで、獣医からの紹介(二次診療)のみ、治療は金曜、土曜だけ。
まずは電話で予約をとり、必要な術前検査の内容を指示されるので、それをY先生のところで済ませ、実際の治療となるようです。


帰宅後、留守電になっているからとのことだったので、メッセージを入れておいたら、21時頃ご本人からコールバック。
少々困ったちゃんをしたようで、叱責され、再度金曜に電話をすることになりました。

この辺の話、具体的な予約、診療等については、追々書いて行きます。


いずれにしてもまた全身麻酔です。
抜歯したら前歯がなくなるってことだし、ショックで、つらいです。

とはいえ、眼科も著名な医師、歯科も第一人者、花ちゃん、恵まれてるね。


空気がひんやりしているので、丸まっています。
面長

きつねになってたので、手元を下げたらたぬきになりました。
丸顔


えっ!前歯なくなっちゃうの?あたちの美貌に・・・という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/04/12 23:31 】 | 歯のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
決意の口の中 
日差しもなく、昨日までとは打って変わったひんやりとした朝でした。


ヘルニアの手術の余得で歯石を取って以降、今更ですが、歯や口の中をしげしげと見るようになりました。
上下の第四臼歯、いわゆる奥歯はとても大きく、名前の通り臼のように厚みのある歯だということも、改めて認識しています。


大口を開けさせたり、歯の裏側、中側を触ると、いやんと口を閉じようとします。
指を突っ込んでいるので、噛まれたら怖いと一抹の不安はありますが、花の方は歯を当てないように頑張ってくれます。


こんなに我慢して協力してくれるのに、なんでもっと前からちゃんとしなかったのか。
そのために全身麻酔のリスクを負ったわけではないですが、気持ち的には申し訳ない感あります。


朝の指みがきはほぼ毎日やれています。
晩のハブラシみがきは時々さぼることがあります。

ここに書くことによって、決意を新たにし、まいっか、のようなことにしないように戒めたいと思っています。


そして、よく見るようになったら?驚き、衝撃の事実が判明しました。
これはまた明日。


おすまし
ふふっ


お口あ~んってするのやなの、かぽーんって強引に開けられちゃうのもやなの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/04/11 23:24 】 | 歯のこと | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
全身麻酔プラスアルファ 
今回の全身麻酔にあたり、ついでと言ってはなんですが、気になっていた歯石、歯垢除去と爪のことをお願いしていました。
ヘルニア手術の状況にもよるので、可能であったら、というレベルでの依頼でしたた。


まずは爪ですが、花は爪の神経が少し長いのではないかと思っています。
そのため、切っても数日で、爪の長さのバロメーターであるフローリングを歩いてカツカツと音がする、状態になります。

術前検査のときに確認してもらったのですが、確かに他の子と比べて少し長いと言われたので、神経を切る処置をお願いしたつもりだったのですが、神経のぎりぎりまでの爪切りになりました。

とはいえ、術前の写真はありませんが、少し短くなったようです。


そして、歯。
歯石を取ってもらい、使用前、使用後の写真をいただきました。

で、この写真をみながら指摘されたのが、なんと左右とも上の前臼歯(一番大きな歯)が欠けている。
さらに、右側下の前臼歯も少し欠けているそうです。


思い当たることあります。

いつだったか、膝軟骨を与えていた時、おいしそうに食べていたのが、急に興味を失ったことがありました。
ちょうどその頃、歯が欠ける可能性について耳にし、与えなくなったのですが、多分このときかなと。

歯槽膿漏、歯髄炎にまでは至ってないので、様子見ですが、一大事になるところでした。
歯槽膿漏、歯髄炎になると、この臼歯の場合、目の下が腫れるそうです。


また、歯石、大変付いていました。

指磨きはしていましたが、右側はあまりついていませんが、左ががっつり。
同じようにみがいていたつもりですがその差は歴然です。

これもみがき方、思い当たりました。


現在とてもきれいな歯です。
維持できるかどうか、気合入れます。

エリカラ慣れたけど、早くとれないかなぁ・・・
ま、支障はないけど


歯磨き気合が入ってるの、あたちはあんまりうれしくないけど、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/02/15 23:29 】 | 歯のこと | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |