花といっしょ 2009年04月15日
FC2ブログ
ブラッシング
茶色い土のようになっていた桜の花に、雨で落ちたガクが重なり、にぎやかな道路です。
いままでも見ていたはずの景色ですが、蕾、咲く、散る、絨毯とちゃんと意識したのは初めて、な感じです。


これはなに?つくしにしては・・・?
つくしにしては背が高い・・・




ブラッシング、やっと要領を得てきて、多少ならじっとしていてくれるようになりました。


それまでは、なかなかじっとしていてくれないので、左手でおやつを齧らせながら、右手でブラシ。
ちょっと格闘していました。


その様子をみた友人が、なぜブラッシングするの?
嫌がってるのなら、止めたら?


えっ!抜け毛を取らないと・・・


抜け毛を放って置いて、何が不都合?
外飼いならブラッシングなんてしないのでは?


抜けた毛がついてたら気持ち悪い(はず)
抜けた毛がいつまでもまとわりついているわけだから、肌トラブル、皮膚病の防止。
身体に触ることで、健康チェック。
ブラッシングしたら、落ちる毛が減るかなぁと思って。
・・・答えながら、う~ん、理由ってなんだろう・・・


ネットで調べて見ました。
皮膚病を予防するため、死毛を取り除く。
そうか、やっぱり肌トラブルの防止だったのね。


ブラッシングするものと、何の疑問にも思っていなかったけど、直球の質問にびっくりしました。


それにしても、集めた小花を食べようとするのは、どうしたものか・・・


サークルの外のボールを中から取ろうとしています。
無理だと思うけど


小花はあたちの匂いがするから、とりあえず口に入れてみようかなと思って、という花に、それは食べるなと、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

スポンサーサイト



【2009/04/15 21:33 】 | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |