花といっしょ 2010年02月25日
FC2ブログ
自信
低い塀のようなところに腰掛け、若者が携帯をいじっていました。
普段なら立ちどまってる人はいない、朝のお散歩エリア。
今までそんなところに人が腰掛けてるのを見たこともありません。


花は不審なのか、腰が引け、後ずさり。
その人と花の間を遮るように歩き、通りすぎようとしましたが、かなり抵抗します。


若者の風体は、普通の恰好。
きっと、あの場所じゃなければ、なんて言うことなく通りすぎることができたと思います。


でも、思いがけないことに、母もかなり、どっきりしましたし、花が驚くのもわかります。
迂回しづらかったので、抱っこすることにしました。


ただ、その人をみて、びっくりして後ずさりしたからといって、安易に母が抱いてしまうと、自信を失くすことにならないか。
無理させても、歩いて通りすぎたほうが良いのではないだろうか。
通れたら、大きな自信になる。


迷いましたが、若者が見えないところまで戻って、スワレをさせて、できたところで、抱っこ。
抱いた花から、若者が見えないように、母がガードして、通りすぎました。


この対応が良いのか悪いのかわかりません。
少しでも自信をつけさせてあげたいと思っているのに、逆行してしまったのか、考えてしまいました。



上目づかい ^m^
何考えてるのかな?

お外は、いろんなことがあるの、という花にぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2010/02/25 22:26 】 | 未分類 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |