花といっしょ 2010年07月11日
FC2ブログ
マズルつかみ
マズルコントロール。
パピーの頃から、マズルをつかまれることに慣れさせましょう。
座って後ろから抱えるようにして、左右に回してみましょう。
できるようになっても、時々やるようにしましょう。


我が家にわんこが来たら、この時期はこんなことをして、次はあんなこと、その次は・・・、などと、順序立てて記述してあったサイトで見つけたもので、比較的早い時期に、行うことだったと思います。
服従心をつける、信頼関係を築ける、のような意味だったかと思います。

ご多分に漏れず、やりました。


最初から、嫌がらずに、させてはくれましたが、そんな頃、信頼関係があるはずもありません。
今でも、母に服従しているかというと、それはハテナ。

服従・・・辞書では、他人の命令に従うこと、とあります。
花と母の間柄は服従する、されるではない、と思っています。
花にとって、母は、他人ではありません。
そんな威圧的な間柄じゃないと思っています。


マズルを触れないと、歯磨きとか、ケアができないので、慣れてもらいましょう。

後ろから抱えるような抱っこは、わが子を包み込んでる感じがして、愛おしくなりますよ。
このほうが、しっくりします。



おまけ・・・
マズルを触るのは、こんな遊びもやっています。
手を輪にして、ふわっと包む、ブッ!というコマンド(^^ゞ
軽く頭に手をあてる、ポン!というのとセットで、ブッ!ポン!なんて繰り返しています。
ふざけてるとわかってるのか、ブッ!と言っても逃げません・・・
なにが、ブッ!なんだか


おまけのおまけ・・・
口を開ける時の掛け声は、カポーン。
食べてほしくないものを食べてしまったとき、強引に口を開けて、取り出したいから、始めたことです。
本当は、ダシテで、ペッとしてくれると良いのですが、それはムリ・・・

カポーン=取られてしまう、と思われないように、普段から、意味なく、カポーンと言っては、手で口を開けています。
トイレシーツや、タオルをかじった時の、飲み込む前に回収するのに、重宝しています。


いっぱいいじられて、あきれてるお顔です・・・
ふぅ、おかあしゃんの相手は大変なの





おかあしゃん、あたちのお顔をさわるの、相手しなくちゃならないの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2010/07/11 23:45 】 | 未分類 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |