花といっしょ 2010年07月16日
FC2ブログ
守備範囲
お外では、何かあるとピューっと走る、我を忘れたプチパニックのような状態になります。
以前は、ほとんど、そんな状態か、固まってしまうかで、落ち着いて歩くということが、できませんでした。


多くの子たちは、1~1.2メートルのリードでお散歩しています。
最初はうちも使っていましたが、怖くてじっとしていられない花にとっては、自由に動ける範囲が狭いと、つらそうです。

そんなとき、8メートルのロングリードを使って歩いたら、とても楽でした。
ピューっとなっても、8メートルくらい離れると、なんとかなる。
落ち着くのに必要な、距離、エリアが、母を中心にして、8×8×3=192㎡必要だったということのようです。

それは逆に言うと、守備範囲、自分が気にしなくてはならない範囲が広いということ。
気にする範囲が広いと、人通りが多いところなど、音やいろんなものが洪水のように押し寄せてきます。
そして、処理しきれなくなり、怖くてピュー。



最近は、以前よりも短い、3メートルリードで、歩けます。
落ち着ける空間が3×3×3=27㎡で良くなったということ。

まだ、8メートルを使いたいと思う時はありますが、ユックリだよ、と声をかけると、ピューっとしたいけど、我慢しているように感じる時があります。

192㎡の守備範囲を持つお散歩から、27㎡へ。
大邸宅を警備していたのが、ワンルームでよくなりました。

もっと、もっと、守備範囲を小さくして、気にする範囲が狭くなれば、人通りの多いところも歩けるはず。


おかあさんとくっついて歩いていた方が、怖くないよ。
花を守るのはおかあさん。
外を歩くとき、回りを警備するのはおかあさん。
身を預けて。
安心して。

こんな風に・・・
またおかあしゃん、こんな格好させてぇ


最近遠くの音、少し気にならなくなったの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。  
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2010/07/16 23:49 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |