花といっしょ 2010年07月23日
FC2ブログ
気持ちを読む
時々すれ違う、イタリアングレーハウンド  ルイザちゃん(8カ月)
会うたび、身体が大きくなり、ただいま5㎏。

元気よく、跳ねるように歩いています。
とてもきれいな肌です。

ちいちゃい子、お姉さんらしくしてほしかったのですが、ちょっと、腰がひけてました・・・
愛称 ルイちゃん




臨床真理 (柚月裕子 著)を読みました。
このミス大賞です。

物語には、言葉に色を感じ、嘘をつくと赤、心からの言葉は白のように、感情が見える、共感覚の持ち主が登場します。
共感覚は何万人に一人とも、はたまた、200人に一人とも言われる感覚のようです。
絶対音感のある友人は、調性に色を感じるといいます。



読みながら、花のことを思いました。

花は母の感情に敏感です。
苛立ちは、どんなに隠していても、不快に感じているようです。
ある意味、これに近い感覚を持っていると思いました。

でも、母の体調には鈍感・・・
先日体調を崩していたときも、特に心配するでもありません・・・。
できれば、感情より、体調を感じ、元気出してね、ぺろりなんてしてほしいんですけど・・・


ベット新しくしました。
以前も使って、底をかじられたものなので、不安でしたが、手触りが好きなので、再購入。
やはり、底面、さっそく穴があきました・・・
こっちは寝るのに気持ちいいの、裏はかじるのにちょうどいいの・・・


おかあしゃん、寝てるの、具合悪いのか、お昼寝なのかわかないの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ 

確かに・・・(^^ゞ
スポンサーサイト



【2010/07/23 23:12 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |