花といっしょ 2010年08月18日
FC2ブログ
愛護
子供への虐待、ネグレクトの記事が新聞紙面を踊っています。
なぜ、自分の1/5、1/10の体重の子に力を加えることができるんだろう・・・
自分だけを頼るしかない存在に対し、無視することができるんだろう・・・


それは相手がわんこでも同じだと思います。

自由は制限される。
時間を好き勝手に使うことはできない。
その代わり、こころを温かくしてくれる。
今まで知らなかった世界を見せてくれる。



衣食住、すべて任されているから、つい、従わせたくなることがあります。
でも、先日のアレルギーのかゆみだって、カミカミしないで、というと我慢してくれる子です。
骨をも砕ける牙があるのに、人に従うように生きている種です。

その、素直な気持ちに応えたいと思います。
澄んだ瞳で見上げてもらえるような、間柄でいたいものです。
無垢な瞳で見つめられた時、目をそらすようなことだけは、しない、したくないと思っています。


立派なことはできないけど、今一緒に暮らしている子を、一生愛して護ることが、今の自分にできることです。
何かくれるかなぁ・・・


パソコンばかりしないことが、あたちへの愛護なの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2010/08/18 23:13 】 | 未分類 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |