花といっしょ 2011年04月14日
FC2ブログ
おおらか・・・
今かかってる獣医さん、病院はうちから徒歩15分。
先生のご自宅は徒歩5分、お母様は、母と同じマンションにお住まいです。

お買い物してる姿も見かけますし、地元できちんと暮らしています。
相手にも、状況にもよるでしょうが、往診もしてくれるらしいです。

と良いことずくめのようでもありますが、麻酔が原因で、去勢手術に失敗したことがあるらしいです。
検査機材もそれほど最新ではなさそうですし、そしてある意味とてもおおらかです。



先週末、フィラリアの薬を受け取りに、行ったのですが、先生は治療中。

今年の花は、1月と2月だけ休んで、あとは飲ませています。
カルテの日付をよく見たら、わかるでしょうが、多分体重欄だけ、ちらっと見て、母の自己申告通りに、出してくれます。

体重も測らず。
最近どう?と聞くでなし。
もちろん採血などなし。

ただ、花と母に笑顔を振りまいて、再び治療室に消えました・・・


特に悪いところがあるわけじゃないので、いいですが、連れて行った抱っこバックから出すこともなく、拍子抜け。
治療中でなかったら、体重くらいは測ってくれたとは思うのですが。



以前書いたかもしれませんが・・・
年1回ペースで健康診断でもしてもらおうかと思い、相談したら、何か気になるの?
いえ、特にはないです。
柴で、気になるところがないなら、5歳くらいまでは、検査する必要ない。
採血したり、負荷かけることないでしょ。

アレルギーの時も、パッチテストは、正確にわかるわけではない、まずオヤツを止めて見てください。
止めて、良くなれば、それで良いでしょ。

確かにそれで良いです。



こういうおおらかさ、ありだと思うのすが、小心者の母、いろいろ考え過ぎてしまったり、どっしりとして、いられません。


いざの時、この病院では不安・・・かも。
そして、もし、いざ!なら、ここに行きたいと思っているところ、あります。

そこに、予防接種とかフィラリアとかで通い、かかりつけにしておいた方が良いのではないかと思いつつ、今が健康だし、いざはいざ、ってことでと、便利を取ってしまってます。


来月は狂犬病注射がありますが、初めての病院にそれで行くのもなんですし・・・



なんか口をゆがめて笑ってるような、ニヒルな顔。
病院、別に怖くないの、あたち強い子なの


病院行ったの、行きはちょっとドキドキしちゃったけど、パニックにならなかったの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



【2011/04/14 23:40 】 | 未分類 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |