花といっしょ 2011年09月13日
FC2ブログ
ミラクル
粛々と更新していたら、グリムスが5本目になりました(^o^)
植林に貢献できてるかな?



週始め、また、フランちゃんのママさんに花ともども、お誘いいただきました。
ママさんの美味しくて、素敵な手料理の数々を振る舞っていただきました。

花の成長を感じることがいろいろあり、内容盛りだくさんなので、2回に分けます。



今回は、出掛ける支度をしている時から、フランちゃんちに行くよ、と声をかけ続けました。
すると、いままでなら、家を出る前から心臓がドキドキしていたのが、落ち着いています。

夕方のお外は、人通りがあるので、抱っこバックに入れたまま、もう少し人が少ないところで降りようねと言うと、パンティングもありません。

少し人通りが途切れたところで降ろすと、大小をします。

ちょうど、シャンプーに行く大好きな○○さんちの前を通るのですが、いつもなら、ピューっとそっちに行きますが、フランちゃんちだよ、前行ったよね、などと話しかけると、寄り道しません。

そのお店を通りすぎると商店街なので、また抱っこバックで、進みます。
このころから、ドキドキ、パンティングが始まりましたが、我を忘れた大暴れはありません。
軽く母につかまり、耐えています。


この時点で、うれしくてたまりまらず、花、すごいね、フランちゃんちに行くの、わかってるんだね。
ここ、この前も通ったね。



そしてフランちゃんちの路地に入ったら、方向音痴の母、場所がわからなくなり、前を通りすぎてしまいました。
ありゃりゃ、わからなくなっちゃった、どうしよう、と話しかけたら、花がバックから降ろせ、出せと暴れ出しました。

静かで人通りがないので、抱っこしていなくても良いな、と思い、降ろしたら、つつつと戻って、とあるお宅の石段を昇ります!

フランちゃんちです!!


花、フランちゃんち、わかってたんだ。
抱っこしたまま、おかあさんが通りすぎちゃったから、チガウヨって教えてくれたのね。

花、すごいね、ありがとう。


フランちゃんちを憶えていたこと、フランちゃんちに行くよということが解っていたこと、なんだか信じられない出来事でした。



楽しいね。
あはは


おかあしゃん、通りすぎちゃったの、あたちがしっかりしてなきゃ、だめなの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2011/09/13 23:28 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |