花といっしょ 2012年04月29日
FC2ブログ
摩訶不思議
去年の6月1日(明確に覚えてる!)に見知らぬわんこに右手の親指と人指し指の付け根(ツボでいうところの合谷あたり)を咬まれた跡。
順調にきれいになりました。

ところが、すごく不思議なことが。

まず、咬まれて2週間くらいしたら、傷がふさがることと同期をとるように、手のひらとか、手の甲の小指側の皮が剥けてきました。
だんだん、傷口に近づくように、2ヶ月くらいかけて剥け、最後は傷がかさぶたのようにとれました。

また、傷口が痒くなるならわかりますが、なぜかこれも、手の甲限定ですが、離れたところが痒くなりました。
掻きむしるくらい半端ないかゆみがあり、その位置は、徐々に患部に近づいて行きました。

今は、傷の真上や、2ミリくらい離れたところが痒くなります。


新陳代謝、ターンオーバーが遅くなっているというのは置いておいても、とぉっても不思議です。


誕生日プレゼントにいただいたおもちゃで遊んでいます。
なぜだか胴長に見えます

足の形がおもしろかったので。
ちまっとした感じ


おかあしゃんの手は弱っちいから、歯が当たると大騒ぎするの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2012/04/29 23:39 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |