花といっしょ 2012年06月15日
FC2ブログ
行動分析学セミナー5/6回目
先週末行った、行動分析学のセミナー。
全6回の5回目です。


今回の内容で印象的だったことは、有効か、喜ぶか、結果を決めるのは愛犬、という言葉。
たとえば、褒めるのは大きく、はっきりなどと本に書いてありますが、花は、大声よりそっとささやくほうがうれしい。
行ってきますもそっと出掛けるのではなく、ちゃんと断って出掛ける。
一事が万事そういうことなんでしょう。


直接行動分析とは関係ありませんが、何かに慣らそうと思ったら、少しずつという、段階を具体的にあらわした表もいただきました。
1部位につき、7段階、それぞれ8ステップ。


たとえばブラッシングであれば、こんな段階があります。
身体を触る
ブラシを当てる(ほんの一瞬0.1秒)
1回梳く
2回梳く
 ・
 ・
 ・

さらにそれぞれの段階にも、こんなステップが。
おやつを食べ続ければ、ほんの少しできる
おやつを食べ続ければ、数秒できる
おやつを食べ続ければ・・・
おやつを少しずつ食べ続ければ・・・
 ・
 ・
 ・


こんなに、細かく、細かく、時間をかけて慣らす。

ブラッシングができないといいながらも、けっこう最終段階の、かつ高いステップをいきなりやっていました。

時間をかける、手間をかける、そういうすべてが、わんこと暮らすということなんだなと、反省含め再確認しました。


無防備な格好を見るとほんわかします。
おやすみなさい



最近ブラッシングの後に、スペシャルおやつが出るの。
もしかしたら、我慢したら、いいことあるのかしら、という花にぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

スポンサーサイト



【2012/06/15 23:14 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(1) | page top↑
| ホーム |