花といっしょ 2012年08月13日
FC2ブログ
暑気払い(わんこ編)
フランちゃんちへの移動は、パニックにならないかと、内心ドキドキしています。
今回は、少し人通りが少なかったからか、抱っこバックに入れたまま、フランちゃんち、行くよ、と言い続けたら、ずいぶん頑張れるようになりました。

表通りから、住宅地に入るところで、バックから降ろすと、緊張から、大小をすかさずします。
パンティング状態で、プチパニックですが、『フランちゃんち』という単語を、しっかりわかり、路地を曲がり、玄関の前にすいっと行きます。

そんな様子から、お宅訪問は苦痛になっていないように思え、ほっとします。



フランちゃんちでの、わんこたち。

スパニッシュウォータードッグ、ハナちゃん。
屋内のパーソナルスペースが広いようで、ある程度まで近寄ると、来ないでと一喝。
ちゃかちゃかと近寄りすぎてしまったネロちゃんは、何度も、来ないでよ、といわれていました。
日本ではあまり見かけない犬種だそうです
タロウちゃんという同居犬がいます


花は、ちゃっかりハナちゃんのそばに行きすぎて、ガウっと言われてしまい、それにガウっと応えてしまいました。
慌てて離しましたが、ハナちゃんは、ネロちゃんへの来ないでより、そばに寄りすぎた分、強い、拒否。
花も、なによ!

放っておいたら、噛む?って瞬間でした。

ただ、時間が解決しそうです。



楽しくて、フランちゃんのゲージに入り込むネロちゃん。
ちょっと、ここはあたしのうちなのよ、わかってる?


ハナちゃんママにわしわしされる花。
飼い主には甘えないのに、心許してるのでちょっと、いや、かなりやきもちです。
気持ちいいの

母の膝にこんな風に乗ってくることないのに・・・
だって、気持ちいいんだもん
うっとりなの


花は、ハナちゃんと言う同じ名前の子がいることで、呼ばれたのに、ん?あたちじゃないの?と少し戸惑っていました。


それにしても、ほんとうによく回りを観察しています。
ハナちゃんとの接し方、ネロちゃんがなにをして、ネロママさんにどう注意されてるか、その時フランちゃんはどうしてるか、自分はどうふるまえば良いのか、怖いくらいです。

みんなが何かに注目していると、さっとそこが見える、少し離れたところに移動します。
注目していることがらと、それをみているみんなを合わせて、見ている感じです。


定位置は、部屋の隅。
行動するのは後からなの


フランちゃんち、行くまでが緊張するけど、おうちは少し慣れたの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2012/08/13 23:31 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |