花といっしょ 2013年05月07日
FC2ブログ
白内障手術~まとめ
白内障受診~手術~ある程度落ち着くまでの日程です。
自身の覚書、また、こういう情報を欲している方の目に止まればと思い、まとめました。

記述は当日の日記と違うところもあるかもしれません。
いろいろ後で調べてわかったことなども交ざっています。

そしてこれは花の場合であって、とても個体差があることのようです。


①3/13 夜、ずっと片目を閉じていた(白内障起因のぶどう膜炎発症と思う)
②3/15 眼科専門医にて、白内障と診断
③3/20 術前検査(網膜電位図、全身状態チェックなど)

④3/25 手術~入院

⑤3/29 退院(4泊)  
       目薬×3(抗生剤、ステロイド、眼圧降下剤)
       点眼:3回/日
       内服薬:朝×4種、夜×1種(抗生剤、ステロイド、胃薬)

⑥4/ 6 手術13日目 通院 
       目薬×3(抗生剤、ステロイド、眼圧降下剤はなくなり次第終了)
       点眼:3回/日
       内服:朝×3種(抗生剤、ステロイド、胃薬)

⑦4/13 手術20日目 通院 
       目薬×2(抗生剤、ステロイド)
       点眼:3回/日
       抜糸、エリカラ外れる

⑧4/20 手術27日目 通院 
       抜糸経過チェック
       目薬×2(抗生剤、ステロイド)
       点眼:3回/日

⑨5/ 4 手術41日目 通院 
       経過観察 
       目薬×1(創傷治癒剤)
       点眼:3回/日 



①ぶどう膜炎に気づかず、慢性化してしまうと、手術できない、あるいは予後が悪くなることもあるらしい。
 不明ですが、この日が初発症でしょうか。
 片目を閉じているのは痛みから、と言われました。
 また、白目の赤みから、専門医でないと、結膜炎と診断される場合もあるそうです。
 たまたま夜、片目を閉じた様子を目撃でき、おかしいと思いました。

②医者に見せようと思っても、翌朝は、いつもと変わらないので、予約がすぐ取れなければ、またで良いかなと先延ばししたかもしれません。
 予約がすぐ取れたこと、通院のため、会社が早退できたことがラッキーでした。

③鎮静剤を入れるため、前日より絶食絶水。
 眼科しかない病院だと全身状態チェックはできないようです。

④絶食絶水で病院に。
 手術自体は短く、麻酔醒めまで入れても1.5時間くらい。

⑤目薬1日3回。
 等間隔であるより、3回差すことが大切。
 決まった順番に差し、それぞれの間隔は5分空ける。

⑥順調に推移するものの、目の周りが赤みを帯びている。
 こぼれた目薬がついたからか、抗生剤は特にかぶれやすいらしい。
 眼圧降下剤はなくなり次第終了といわれたが、なかなか、なくならないので、結局翌週まで差す。

⑦点眼麻酔にて抜糸(病院によっては抜糸まで1ヶ月と書いてあるサイトもあり)
 抜糸して、急に瞳の形が元にもどった気がします。
 エリカラは、留守番中は念のため装着。

⑧経過確認。抜糸の跡は問題なし。
 眼圧正常ですが、目薬回数は変わらなかった。
 念のためのエリカラも止める。
 このころからまた一段と良くなって来ている感じがしました。

⑨経過順調。
 目薬がステロイドから非ステロイドに変わりました。
 白目も特に赤くなく、とても順調に感じます。


瞳が良い感じになるのに比例して、目薬を忘れてしまいそうになることがあります。
気をつけねば。


まつげがまばらに生えてきました。
もう一息



試練の日々だったの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

スポンサーサイト



【2013/05/07 23:34 】 | 目のこと(白内障・緑内障、前房シャント術(バルブ手術)) | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |