花といっしょ 2013年10月30日
FC2ブログ
わきまえる
世の中のことがだいたい解って来るのが三歳と言われています。
このくらいを境に、今まで吠えていなかったのに吠えるようになったり、逆に今までできなかったことができるようになったりしている子を目にもします。


花はこの三歳の節目が、五歳の今来てる気がしています。
そしてそれは、良い方に傾いていることもあれば、悪い方へ傾いていることもあります。
なんだか犬らしくなってきたというか、飼う前にイメージしていたわんこらしい行動をとるようにもなっています。


たとえば、いろんなことがらに対し、母を頼るというより、自分でなんとかする、ということが確立してしまいました。
先日の病院への行き帰りなどはこれが如実に出てしまったようです。


少しですが、吠える場面も増えました。
前は一週間、声を聞かないこともザラでしたが、さすがにそれはなくなってきました。

なぜ今吠える?みたいなことがあったり、後ろを向いてる母に、ねぇねぇ、と呼びかけたり、来客に対しても、まずは隠れていたのが、隠れずにあなただれ?と、言うことも増えました。

いずれにしても、無茶をしない、すべてにおいて慎重な子から、わんこの価値観からすると当然、みたいなことをするようになりました。


さすがに5年、おとなしさに慣れてしまいましたが、これから先は、多少はもの慣れて来た子と向き合って、暮らして行きたいと思っています。


眠くて、眠くて。
うつらうつら


あたち5歳、いつまでも怖いだけの子じゃないの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

スポンサーサイト



【2013/10/30 23:57 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |