花といっしょ 2014年09月16日
FC2ブログ
アレルギー検査結果
先週末、アレルギー検査の結果がでました。
かなり良くない結果で、頭真っ白というか、考えられなくなってしまい、体調が悪かったことも相まって、記事にもできませんでした。

やっと調べる元気が出てきたので、これを書きながら、頭を整理しています。


今回の結果です。
●が陽性、×ということです。
環境因子と食物因子、どちらにも強い反応が出ており、おおらか先生曰く、こんなに多項目に出る子はいない・・・
左が環境、右が食物因子

で、どのような治療になりますかと伺ったら、アレルゲンのないフードをあげるしかない。

でも、こんなに×だらけなのに、どうやって?
あげてみないことにはわからない(そりゃそうだけど)


食べ物より、環境因子、草系に高い数値が出ているので、そちらを疑わなくても良いのかと尋ねたら、これらはくしゃみが出る程度です!
とにかく食べ物が、一辺倒(そんなもんかなぁ・・・)


結果の見方でも、これが原因で出ている、わけではなく、出る可能性が高いと捉える、はずです。
自分でサイトを見て知ったことですが、こういうことを教えてほしいのに。

花は今まで1つのフードでしたから、正しい知識の元、除去食を試すことができるはずです。
どのような手順で、どれくらいの期間、どういう風にやるのか教えてほしいのに。

おおらか先生の良いところは、豊富な臨床経験があること、飼い主のフトコロ具合を考慮してくださること。
ありがたいですが、この件ではちょっと物足りない。


ネクストステップとして、リンパ球検査というものがあることだけ、事前に調べていたので、その話もしたのですが、先生の頭に???が浮かびました。
ただ、飼い主が知るためだけに検査した感じで、おおらか先生、何も考えてないことがわかり、少し調べて考えます、と言って病院を後にしました。


リンパ球反応検査は、食物アレルギーに特化し、遅延性で出る反応がわかるものです。
いま、可能性があると出ているものでも、この検査で値がでなければ、与えてもまぁ、大丈夫。、
逆に低い値であっても、与え続けることで累積されるのなら、与えてはいけない、こういったことがわかる検査、のはずです。


この検査をして、もっとアレルゲンを特定し、それが含まれていないフードを捜すか。
食物アレルギーなら、季節に依存しないとはずですが、温度湿度に反応している気もするので、食物だけなのか。
四の五のいわずに、除去食を試すのか。
この結果を持って、セカンドオピニオンするか(多分これだな)

まだまだ混乱しています。


救いは、ハウスダストに対しては、耐性がありそうなこと。
掃除苦手なので、助かります(^^ゞ


おかあしゃん、何してるの?
いろいろ調べてるの


おかあしゃん、凹んでたし、具合も悪かったんだって。
いつものお昼寝だと思ったの、ちっとも気づかなかったの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

スポンサーサイト



【2014/09/16 23:55 】 | アレルギー | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |