花といっしょ 2016年08月
FC2ブログ
それもやむなし
週末、アレルギーで病院に行きました。
かゆくなったら与えるように持っていた、予備のステロイド薬がなくなったからです。


今までは、なるべく薬は飲ませないように、薬は最終手段。
引っ張って引っ張って、コルタバンス噴霧や軟膏でなんとかしのいで、でした。

しかし、このひと月は、飲ませてもすぐに芳しくない状態になり、投薬の間隔が詰まり、不安に感じていました。


Y先生からは、季節的なものもあるし、無理に引っ張るよりは、しっかり飲ませて一旦治めましょう、と言われました。
なるべく投与しない、ということは合意していますし、与えたくないのはやまやまですが、いたしかたなしです。

今回の投薬で、落ち着いてくれますように。



ミラクルドラッグと称する画期的にかゆみに効く薬が、7月から認可されたそうです。
アポキルという薬で、アメリカでは以前から使われていました。

ステロイドがもたらす副作用はなし(代わりに一過性の下痢、嘔吐があるかもしれない)
でも、お仲間の医師でも使った人はまだいないらしく、様子見してるとのこと。

ググっても、臨床的な内容の情報は、まだそれほど出てきません。
事と次第によっては使うこともあるのかもしれませんが、情報含めすべて今後、です。



フードを変えて絶好調になったことは先生もご存じですが、目や口の回り、足の指がかゆくなる場合は、食べ物に依存することが多いと言われました。

アレルギー検査の結果は変動するので、タイミングを見て再度血液検査をしてみたいと思っていたところでした。
今与えているフードの在庫が終わる年末頃に、検査してみようと思います。

92種類のアレルゲンを検査できるスペクトラム ラボ ジャパンという会社があるらしく、そこでは、NGアレルゲンをのぞいたおすすめフードの紹介もあるそうです。
・・・勧められる商品なし、になったらどうしましょうですが。



診察台でお腹をチェックしてもらっていたら、緊張で肛門線からぷっ!って出てしまったちいちゃい子。
パニックの大暴れはありませんでしたが、おやつも食べられず。

よく頑張ったね、えらかったね。



ちみちみして肘下、膝下はげてます。
少々赤い



リュックから出たら病院だったの。
パニックになる暇もなく診察だったの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
【2016/08/01 23:31 】 | アレルギー | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
前ページ | ホーム |