花といっしょ 2018年02月14日
FC2ブログ
PH値 他
先週末は、もう一か所、尿持参でY先生のところにも行きました。


例によって心臓や眼のこと含め、前回からの経過を報告。
アレルギーは順調のように思えるが、陰部を舐めてることがあるので、かゆみなのか、なんなのか、とお話をしました。

そこから尿の状態の話になりました。
残念なことに再び、Phはアルカリに寄り(値は試験紙で8、機械式で7)、ストルバイトが多少(+1)出ているとのこと。

この12月から2月までの間、手術以外特別なことはなにもありません。
食事内容も排泄タイミングもまったく変わらず、おやつもあげていません。

となると、前回Phが正常値だったのは、やはり、眼科で出された抗生剤が効いたと疑えます。

そこで、なにか疾病があり、それが、抗生剤で治ったがまた発症した、という可能性はないのか。
合わせて、抗生剤が効いたのなら、それを投薬するという選択肢があるのか、伺いました。

抗生剤は、眼科で出された薬名をきちんと聞いていなかったので、Y先生も判断できず。
あとで確認して連絡することにしました。

疾病という意味では、陰部や肛門をじっくり診てくださり、特にただれ等はない。
舐めることで、雑菌が入り、尿路感染、ウレアーゼという可能性があるかもとのこと。

いずれにしても、次回も尿持参です。
なんらか、あるかもしれません。


さらに、全身チェックと言う意味で、歩き方チェックもしてくれました。
うれしいかかりつけ医です。


で!
原因がわからないし、おやつなしでも値の変動があるので、さつまいもおやつをあげたいとお願いしました。

わたしの考え方はお伝えしている通りです、おやつをあげるあげないのジャッジは飼い主さん。
それに対し、どうこうは言えないと、苦笑。

先生、怒らないでください。
見放さないでください、とお願いしました。


ん~、どうしよう・・・
小市民。


後日、眼科に聞いたところ、抗生剤は、商品名フロモックス(投与は50㎎/回、朝晩)
人用の転用だそうです。



真上から。
丸

真正面から。
尻尾で隠し


Y先生のところで初めて診察台から下ろされたの。
尻尾下がっちゃったの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
本日はバレンタインデー、ち~っとマーキングしながら、配ったのかな^m^
スポンサーサイト



【2018/02/14 23:47 】 | 尿のこと | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |