花といっしょ 2018年09月23日
FC2ブログ
安堵と不安と
一度掛かってきた病院からの電話が取れず、その後、なかなか連絡をもらえなかったのですが、夕方、先生と話ができました。

この手術をすると、眼圧は10程度ですが、朝13、その後18だったので、下げるようにマッサージをしたところ落ち着きました、とのこと。
(なぜ上がってしまったのか、どこを、どんなマッサージをしたのか、覚える必要があるのかは、また別途確認しなくては)

フィブリンは小さなものが出ているが、経過観察でよい。
視覚もクリア。

ただし、角膜浮腫はまだ引いていません。
今後薬が効いてくるかもしれないし、時間経過とともに収まってくるかもしれないらしいですが、要チェックです。

明日の朝の診察を経て、もしかしたら昼頃退院できるかもしれません。
いずれにしても、明朝また連絡をもらいます。


白内障手術成功した、見えるようになったと喜んだのが一転、あんな奈落に落とされるなんてもう嫌。
不確定要素があるなら、安心しきらないように、安易に喜ばないようにしていたのですが、友人たちの暖かい言葉が気持ちを溶かしてくれます。

不確定要素があっても、期間限定でも、それを悲観するのではなく、今日、今、見えてることを喜んで。
二度も見えていないという崖っぷちからよみがえったじゃない。
麻酔から覚めた、良かった、良かった。

無理して抑えようとするより、素直でいたほうが、ずっと、心は穏やかです。
花、これからの四季を、一緒に憶えておこうね。



ここ、居心地悪くないけど、飽きちゃったの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2018/09/23 23:26 】 | 目のこと(白内障・緑内障、前房シャント術(バルブ手術)) | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |