花といっしょ 似てくるメカニズム
FC2ブログ
似てくるメカニズム
フロントラインを垂らす時、マテ+ぽっとんするよ、と声を掛けます。
パピーの時に、とても嫌がったので、こういうやり方になりました。


ラブのママさんにこの話をしたら、ある意味洋犬はおおらか。
そんな風に気をつかわなくても大丈夫なのよ。


もともと持ってる性格に対し、どう飼い主がリアクションをするかで、さらに性格は変わってくるはず。
繊細な子でも、真反対のおおらか母さんと暮らすと、細やかなおおらかさんになってくるかもしれません。

小心者で怖がり、自分が納得しないと前に進めない、花も母もそんなタイプのようです。

こうして、飼い主とわんこは似てくるんでしょう。


似てるかな?
似てる?



あたち、おかあしゃんと似ちゃったの?、えっ、えぇっ~!という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
そんなに嫌がらなくても(^^ゞ
スポンサーサイト



【2011/10/04 23:52 】 | 未分類 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
<<残念・・・ | ホーム | 祝!大きな公園>>
コメント
----
こすみんさま
似る・・・顔だったり、性格だったり、雰囲気だったり、ってことなんでしょうね。

こすみんさんはひなちゃんとどこが似てるのかしら?
うちは、性格かな・・・

by:mamehana → こすみんさま | URL | #-【2011/10/07 23:51】 [ 編集] | page top↑
----
こんにちは。
ワンと飼い主さんが似るケースって本質だと思います~。
お散歩中に、多くは何かしら飼い主さんとワンの特徴が似ていて微笑ましいと思うものです。
或は、もしかするとパピーを選ぶ時から、無意識に自分に近いタイプを選ぶのかなあって思います。
by:こすみん | URL | #-【2011/10/07 22:59】 [ 編集] | page top↑
----
頓珍漢3号さま
顔の雰囲気、似てるのわかります。
細面の方は、シュッとした顔のわんこを連れてたり(^o^)

仕草・・・ん~・・・どんなところだろう。
はにかむ、とかかしら?

うちは・・・やっぱり似てるのかな?(^o^)

by:mamehana → 頓珍漢3号さま | URL | #-【2011/10/05 23:21】 [ 編集] | page top↑
----
テツの兄貴の家族さま
そうですね、ある程度似ていたほうが、お互い暮らしやすいかもしれませんね。
気難しい・・・そそ、それあります!
うんうん、だから、それでも、愛しいんですよね~(^o^)

by:mamehana → テツの兄貴の家族さま | URL | #-【2011/10/05 23:21】 [ 編集] | page top↑
----
風ママさま
飼い主が愛犬に・・・それもあるかもしれませんね。
うちは物静かなので、わ~わ~しないように、なんて思ったりします。
それが飼い主の落ち着きを生んでくれたら、よいのですが(^^ゞ
by:mamehana → 風ママさま | URL | #-【2011/10/05 23:19】 [ 編集] | page top↑
----
動物病院の待合室で 人間ウォッチングをしていると
性格だけでなく 顔も仕草も似ている 1人1ワンが!
たぶん あたしも 同じ事を言われてると思う
落ち着かない1人1ワン

性格だけでなく 顔も仕草もですよ(#^.^#)

あたしも大らかな人になろう頑張って・・。
by:頓珍漢3号 | URL | #aUrEiGLg【2011/10/05 16:09】 [ 編集] | page top↑
----
うんうん、そうかもしれないですね。
でも、飼い犬も、飼い主の性格が受け入れられないより、いっそのこと、溶け込んで、似ちゃった方が楽ですよねぇ。
似た者同士、「しょうがないなぁ」なんて思いながら、仲良く暮らせたらいいんじゃないかな?
日本犬は、気難しいですよね。でも、そこがまた、たまらないんだけど・・・
by:テツの兄貴の家族 | URL | #teH.z5Pw【2011/10/05 11:50】 [ 編集] | page top↑
--飼い主が似てくる?--
読んでいて、もしかして飼い主が愛犬の性格に似てくるんだったりして・・と思っちゃいました。

だって私は鈴がくるまで、音にも鈍感だったし、ボーっとお散歩していましたもん。
でも、鈴が来てから、鈴が震えている・・・いったい何が原因?って考えるようになり、今まで気にしていなかったいろんな音が聞こえるようになりましたから・・・・。
by:風ママ | URL | #JalddpaA【2011/10/05 00:27】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |