花といっしょ 動じない
FC2ブログ
動じない
異質な、何だろうというような音がして、怖くなり、我を忘れたように、ぴゅーっと走り出してしまったちいちゃい子。
あぁ、また怖くてぴゅーだ・・・

気にしなくて良いんだよ、と声をかけましたが、ぴゅーは止まりません。
母の声は聞こえてるかな?と思い、スワレ、フセと言うと、すちゃっとやってくれます(でも、すぐに動いちゃいますが)


あれ?我を忘れたパニックで、回りの声が聞こえなくなってるわけじゃないんだ。

でも、ぴゅーっと走り出しているのは、身体が思わず反応してしまっているから?。



動じないって言うのは、文字通り、動かずにいるってことに通じる気がします。

声をかけたり、名前を呼んだり、指示をしたりすることで、落ち着けるようになるかしら?
伏せてると、落ち着かないかしら?


声が聞こえていたのは、進歩の証と思います。
少しずつ、こんなときも、じっと立ち止まることができるようになりますように。


一緒に乗り越えていこうね。
はぁ~い



びっくりしたら、身体が動いちゃうの、じっとしてるの難しいの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2011/11/15 23:44 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<チョウダイな | ホーム | 飽きる?>>
コメント
----
よしりんさま
一球ちゃんは、文句なんですね^m^
うちのぴゅーってときは、無口なまま、パニックになってます。
自分でも走ってるとは思ってないかもしれません。
by:mamehana → よしりんさま | URL | #-【2011/11/16 22:36】 [ 編集] | page top↑
----
風ママさま
指示をすると落ち着くって聞いたことがあって、さらに落ち着く形である座る伏せるをさせていました。
なるほど、冷静が勝ると本能が抑えられるんですね。
そうですね、きっと花の脳は葛藤してるかもしれません。
どんどん、聞く耳をもてるようになってる気がしますから、この調子で頑張ります。
ありがとうございます。
by:mamehana → 風ママさま | URL | #-【2011/11/16 22:35】 [ 編集] | page top↑
----
テツの兄貴の家族さま
最初はまったく聞く耳もたずだったんですが、年齢とともに、少しずつ声は聞こえようになってきた気がします。
だからって、いつもちゃんとできる、止まれるわけではないんですよ。
パニックのときに、リードが離れたら、うちもどうなるか。
花にとって、リードが張れることで、気づくってある気がしてます。
by:mamehana → テツの兄貴の家族さま | URL | #-【2011/11/16 22:34】 [ 編集] | page top↑
----
やっぱり嫌な音など、びっくりして飛び退きますが
次の瞬間、文句を言い始めるかな~
同じく声をかけると、少しは落ち着きはしますが
本当に嫌なものだったら、その場から離れようと
引っ張られます。
by:よしりん | URL | #-【2011/11/16 16:14】 [ 編集] | page top↑
--わんこの脳--
わんこの脳には、飼い主の指示を聞き、判断する冷静な脳と、本能で動いてしまう脳の部分があると聞きます。

指示を聞く冷静な脳が働くと、本能で動いてしまう脳がセーブされるらしいんです。

なので興奮しているワンコに「オスワリ」を指示して、座らせるのは
興奮した本能脳から、冷静な判断脳に切り替える役目もしているとか。


だから、花ちゃんは
ビューっと走る本能脳と、お母さんの指示をきかなきゃっていう冷静な脳が葛藤しているのかも。

ちゃんと聞こえているっていうことは、冷静な脳が働いている証拠だから、
とってもいいことだと私は思います。
by:風ママ | URL | #JalddpaA【2011/11/16 12:49】 [ 編集] | page top↑
----
花ちゃん、すごいです♪
うちは全然ダメ。
本当に、危ない、そして、待ってほしい時に、絶対言うことをきかない。
それに比べて、どんなに怖くても、ちゃんと指示がわかっていて、従う。とっても大切なことですよね。
この前、散歩中、お父さんがソラのリードを放しちゃったんです。ちょうど、通りの向こうに知ってるワンコがいて、一目散!
朝早くて、たまたま車がいなかったから、よかったけど、もし、あの時車が通っていたら~と思うと、今でも背筋が凍ります。
うちも、花ちゃんを見習いたいです。
by:テツの兄貴の家族 | URL | #teH.z5Pw【2011/11/16 09:17】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |