花といっしょ 背中をまたぐ
背中をまたぐ
背中をまたぐことができるようになったら、信用された証。
暮らし出した頃はなにもかも不安で、ことあるごとにこんなことを試していました。


正面からすれ違いざまに、足の間をくぐり抜けるかな。
てちてち歩いている背後から、またいで追い抜けるかな。
サークルで伏せてる時、奥の荷物をとるのに、またげるかな。

確かに、最初はスルリと逃げていたけれど、今となっては、またごうが何しようがまったく気にしていません。
でも、いまだに遊び感覚で、同じようなことをしてしまいます。


お互いに、お互いを障害物とは思っていない、おかあしゃんはあたちを踏まない。
信じてくれています。



手足がぴくぴくします。
どうも夢を見てるみたいです。
みんなと走って、おいちいの食べて


おかあしゃん、わざとまたぐの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。 
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト
【2012/07/27 23:25 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<正しい過ごし方 | ホーム | 留守番できる子>>
コメント
----
ちえぞうさま
ゆっくり、だけは間違いないです^m^
じっくりは・・・へへへ、どうだろ。

きんときちゃん、またがれるの苦手なのは、ちえぞうさんが、またごうとしてないから、じゃないですか?
うちは、上から覆い被さる飼い主に慣れたのかも(^^ゞ
へそ天は股関節の柔らかさもあるから、ってのもありますよ。
by:mamehana → ちえぞうさま | URL | #-【2012/07/31 12:05】 [ 編集] | page top↑
--信頼関係--
ゆっくりじっくり築いてきた信頼関係ですもんね。

うちは未だにまたがれるのは苦手です。
へそ天でも寝ませんしぃ。うぅ(泣)
by:ちえぞう | URL | #-【2012/07/31 11:30】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |