花といっしょ 『愛犬が教えてくれること』
『愛犬が教えてくれること』
『愛犬が教えてくれること』 ケヴィン・ビーアン著を読みました。

著者は著名なトレーナーを父に持つ方で、科学者、研究者ではありません。
また、表紙がなぜか黒柴でしたが、柴は登場しません。
翻訳物にありがちな、直訳チックな日本語で、愛らしい表紙とは裏腹に、少し読みにくく感じました。

研究者の論文と異なり、心を前面に出した内容で、そうそうと、同感できるところと、ん~と思うところとありますが、以下は気になったフレーズです。

犬の行動、性格はすべて飼い主の感じていることの投影
愛犬は飼い主の心の内面を映す鏡
犬は心で理解する

犬は飼い主の抱えてる重いものを、頭ではなく感情で受け止める

わがままな犬を飼っている家庭では、しばしば子どももわがまま

信頼は筋力



花とのことで考えると気持ちを読み取ってる、感情がシンクロしていると思う瞬間は多々あります。
そういうことなのかな、と思います。
なに思ふ


表に現れていないだけで、あたちの心の中にはいろんな思いがあるの、気づいてほしいの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。 
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト
【2012/10/31 23:31 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<そういえば | ホーム | 寄ってない>>
コメント
----
ぽけちん☆さま
耐える・・・なるほど!
今のいろんな思いが溶ける日まで、Geeちゃんが、癒してくれる。
Geeちゃんの耐えるはぽけちん☆さん家族が、癒してる。
そんな輪っかになってるのかもしれませんね。
by:mamehana → ぽけちん☆さま | URL | #-【2012/11/02 01:12】 [ 編集] | page top↑
----
テツの兄貴の家族さま
愛犬は、いろんなことを受け止めてくれているっていうのはある気がします。
極端な例でしょうが、ヨーロッパの保護施設で、そこに行くことは悲しいことではない。
飼い主が無理して無理して終生飼育に縛られるより、譲渡することが幸せになる場合もある、なんてこと聞いたことあります。
飼い主のエゴかもしれませんが、一緒に乗り越えたい、一緒に背負っていきたいって思ってしまいますよね・・・

by:mamehana → テツの兄貴の家族さま | URL | #-【2012/11/02 01:10】 [ 編集] | page top↑
----
当たっているかもしれません
我が家は 一家の大黒柱を亡くし
耐えて生活をしてるんです 何をされても
耐える・・嫌な事をされても 嫌嫌でも我慢する
そんな姿は あたしたちにそっくり!

そんな耐えている家族を耐えて癒してくれる
Geeちゃんに感謝ですね^^
by:ぽけちん☆ | URL | #V54S/nVg【2012/11/01 14:53】 [ 編集] | page top↑
----
う~ん、考えさせられますね。
「家族といっしょ♪」なんて、飼い主がお気楽に思ってる以上に、ワンコの方は、私たちから、いろんなことを受け止めているんですね。
大変なものを背負わせてしまわないようにしなくちゃ。
by:テツの兄貴の家族 | URL | #teH.z5Pw【2012/11/01 08:27】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |