花といっしょ 作戦継続
作戦継続
さつまいも作戦を敢行しましたが、消しゴムは排泄されませんでしたので、当初の予定通り、レントゲンを撮ってもらいました。

結論から言うと、それらしいものは映っていませんでした。

排泄準備中の便の中に、1ミリ程度の何かがいくつかあることもわかりました。
骨などの固いおやつを食べていないなら、ちみちみと噛んだ消しゴムではないかと推定されます。

便の中にまだ何かがあるので、あと3日さつまいも作戦を継続することになりました。


しっかりつぶして確認したつもりでも、ある程度で残りは本丸のみと勝手に思い、つぶし方が甘くなっていたかもしれません。
思っていた以上にちみちみ噛んで食べたとしたら、小さな欠片となって、排泄され、見落としてしまった可能性も否定できません。


とはいえ、食べて10日経ってもまだ欠片が排泄されます。

間の悪いことに、ちょうどフードを切り替え中で、便の量も、感じも、まだ把握しきれていないのですが、新フードの便量はいままでの半分くらいになりそうです。

そのため、さつまいもをかなり食べているにも係わらず、便の量はいままでと同じか、まだ少ないくらいです。
ただ、それが、どこかに留まって悪さをしているからなのか、気になり、聞いてみました。


詰まっていないか、正確を期したいなら、バリウムを飲ませる検査もある、内視鏡などの手術も方法としてはあるようです。

が、排泄がある(準備中の便も良い感じである)、食欲がある、吐いていない、ことから、悪さはしていないと思われるので、とにかくさつまいも作戦を継続しましょうとなりました。


便量を増やすために、前のフードを半分以上混ぜてみたのですが、そのせいか、気温が急に上がったからか、皮膚が赤くなってきました。

便量は増やしたいけど、フードを戻すとカイカイになりそうだし、かといって、新フードなら、さつまいも大量でも、以前のフードで出ていたくらいの排泄量。

ちょっと中途半端なことになっています。


病院では、いろいろ疲れたようで、よく寝ています。
疲れたの
  

ふぅ~!!という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
病院に向かうまでも、病院でも、大暴れパニックでした。
久々、パニックになる花と過ごし、自分の無力さに涙がこぼれました。

昔はよく、お散歩しながら、めそめそしていましたが、最近忘れていました。
ちょっと気持ちを整理し、いろいろな事柄について、書いて残しておこうとおもいます。
スポンサーサイト
【2013/10/11 23:25 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<季節外れ | ホーム | 思う以上に>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |