花といっしょ 病院パニック(自戒)
病院パニック(自戒)
非常に寒かった昨日から一転、清々しく心地よい朝でした。


少し前になりますが、消しゴムの誤食で通った、Y病院への行き帰りや院内のことです。

パニックから、見たことがないくらい激しいパンティング(過呼吸)でした。
口呼吸なので、唾液もすごく、抱っこしても暴れるので、着ていたブラウスはところどころ破けました。

一瞬はコマンドが聞こえて、伏せたり止まったりできても、すぐに立ち上がり、ぴゅーっとどこかに走り出します。
そして、それを止めるので、ハーネスなのにぜぇぜぇです。

今までは一旦落ち着くことができたら、収まっていたのですが、落ち着いたかと思ったらまたパニックになる、を繰り返していました。


母のなだめの言葉や行為はまったく通じず、花に否定された感じ、ダメ出しされた感じがして、涙が出てしまいました。

今までもこういうことはありましたが、自我が出せるようになって来たことで、より抑えられなくなってしまったのかもしれません。
パニックであっても、だんだん回りの環境に慣れて落ち着けた、という花の性格、花自身に依存していていたツケが出ました。


また、移動に使ったリュックも、火事場の馬鹿力を出して、マジックテープで止めている口をこじ開けてしまいます。
どうしたらこじ開けられるのか、わかってしまったので、今までなら背負って歩いているときに、外に出ようとはしなかったのが、出ようとします。

これは、今後のことを考えると、なんとかしなくてはならない課題です。


ともあれ、今回、花との絆のこと、いろいろ考えさせられました。

穏やかな子なのに



もうわけわかんなくなっちゃったの、おかあしゃんが触れたり、声を掛けてくるのも煩わしかったの、という花に、頼ってねのぽちっ、をよろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

スポンサーサイト
【2013/10/21 23:10 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<フードが合わない! | ホーム | 念ずれば察す?>>
コメント
----
風ママさま
年齢と経験によって・・・ほんとうにいろいろそんな感じです。
ここに来て急にいろいろ主張するようになった感じです。
ま、よくも悪くもそんな子に育てたんですよね。
きっと。
by:mamehana → 風ママさま | URL | #-【2013/10/23 17:52】 [ 編集] | page top↑
--頑張れー--
そういう時って、どうしたらいいのか
焦ってしまって、オロオロしちゃいますよね。

年齢と経験によって、慣れることもあれば

年齢がいってからの方が、激しくなることもあります。

最近の鈴が、徒歩散歩の時のイヤイヤも頑固になってきて、ちょっと対策を変えようかと思っています。

by:風ママ | URL | #JalddpaA【2013/10/22 23:46】 [ 編集] | page top↑
----
テツの兄貴の家族さま
優しい言葉をありがとう。
なんだか、涙ぐんでしまいました。
正直この記事を書くまで10日くらいあって、けっこう落ち込んでいました。
パニックを収めてあげたくても、私の存在はまったく役に立てなかった。
何を言っても聞き入れてもらえなかった。
ってことは、いざの時、何か事が起った時、頼られないんだ・・・なんて。
絆のベクトル、私からは強いですけど、花からが弱いんですよね。
でも、今からでもできることをして、少しでも気にしてもらえるように頑張ります!!

リュックはそうなんですよ。
ショルダーバックは絶対開かないんですけどね。
by:mamehana → テツの兄貴の家族さま | URL | #-【2013/10/22 23:26】 [ 編集] | page top↑
----
絆や信頼関係の問題なのかしら?
今までmamehanaさんのブログをずっと見ていて、花ちゃんとmamehanaさんの絆は、強く感じます。
怖がりかどうか~パニックを起こしやすいかどうか~その子の性格なんじゃないかしら?「前に飼ってた子は雷で怯えたことはなかったけど、この子は、ぶるぶる震えてます」って、この前散歩で会った柴の飼い主さんが困ってました。
花ちゃんは、怖がりだけど、でも、たいていのことは、最近はクリアしてきてるじゃないですか!?第三者から見ると、絆は、どんどん深まってますよ。そんなに心配しないでぇ。
ただ、開けてしまえるようになったのは、対処しないとね。さらに開けられないように、補助の何かを考えないと~ですかねぇ?
by:テツの兄貴の家族 | URL | #teH.z5Pw【2013/10/22 09:48】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |