花といっしょ 伊豆旅行④ ~ 眺 
FC2ブログ
伊豆旅行④ ~ 眺 
二日目、チェックアウトして、まずは大室山に向かいました。
わんこは抱っこでリフトに乗れるというのを知ってから、とても行きたいと思っていたところです。

本当はリュックから出して抱っこしたかったのですが、万一があると危険と言われ、リュックに入ったまま前抱きして乗りました。
確かに行きは、かなり中でジタバタしていましたが、帰りはもうわかったようで、静かでした。


この日も快晴で、とてもきれいに富士山が見え、伊豆の島々もくっきりでした。
絵はがきのよう

看板と撮りたいと思いましたが、ここまででした・・・
みて

富士山と豆柴とそれを写す飼い主の手。
どこをみても絶景

お鉢をめぐる豆柴とそれを写す飼い主の影。
360°パノラマ

旅行写真っぽい一枚。
抱っこされちったの


このあとは、門脇の吊り橋を渡りるため、城ヶ崎海岸へ移動しました。

吊り橋は観光客が多く、下ろすと、怖がって走って下にダイブしそうだったので、抱っこして通りました。
高さは平気だけど人が多くて怖いの

さらに、海岸線を散策をして、富戸駅まで歩くことにしましたが、それがとんでもない悲劇になろうとは・・・


散策マップは、富戸から門脇吊り橋まで歩くような順路でした。
しかし大室山からのバスが門脇吊り橋の近くまで出ていたので、順路を逆にたどることにしました。

逆走なので、案内が見づらい、わかりにくい、と思いながらも、散策し、行程の半分くらいまで来ましたが、思ったより時間がかかってしまい、電車の時刻が気になり始めました。

海岸線を離れ少し住宅街に入っていたので、道が不安になり、住民の方に駅はこっちでしょうか?と訪ねたら、なんとも言えない表情で、そうですよ、上がって、上がって、右行って上がってと言われました。

えっ!!
上がって、上がって、上がって?

はい、海岸線から駅への逆ルートは、登り、ひたすら登り、また登り。
電車の時刻があったので、立ち止まることなく必死に足を動かし、考えられないくらいの筋トレ、運動量になりました。


いつもなら、登りは、すぐにマテと言う母なのに、何も言わず追随して歩いていたら、振り向いて、びっくりした表情で見たちいちゃい子。

えっ、おかあしゃん、ついてきてるの?
ど、どうしたの。


ただし、こんな表情やどれほど登ったかなど、写真を撮る余裕はまったくありませんでした。
みなさま、くれぐれも、散策は、順路を守るようにしましょう!



リードが張らないから、おかあしゃんついてきてるか不安になって振り返ったら、すぐ後ろにいたの、びっくりしたの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

スポンサーサイト



【2013/12/20 23:44 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<伊豆旅行 番外編① ~ トイレ | ホーム | 伊豆旅行③ ~ 寝>>
コメント
----
しんちゃんさま
海まで、歩けたら、歩きたかったんですけど、さすがに、乗り物を使いました(*^^)v

ずっと一日中一緒にいられて、とっても楽しく過ごせました。
花が慣れてきたことも感じられて、うれしくなりました。
by:mamehana → しんちゃんさま | URL | #-【2013/12/22 23:47】 [ 編集] | page top↑
--伊豆高原!--
大室山が噴火して、今の状態になったようにききます。
海からは、歩くのは厳しいでしょうね!
でも、花ちゃんと楽しい旅行出来て良かったです。
新年も、楽しいブログ待ってます!
by:しんちゃん | URL | #-【2013/12/22 00:25】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |