花といっしょ 低度安定から高度安定へ
低度安定から高度安定へ
アレルギーの経過報告と薬をもらいにY先生のところに行きました。
まずはこの2週間の状態について説明します。

かゆがっているようではないけれど、目の周りはほんのり赤く、しょぼしょぼしており、いわゆるアレルギーの目。
状態は、低度で安定、けして良くはないけれど、悪くなってるようでもない。
頓服でいただいたステロイドは使っていない、と伝えました。


すると、かゆがっていないということは、かゆみにふたをする抗ヒスタミン剤が効いているように思える。
低い状態で安定しているのを、もう少しあげた状態で安定にできないか、ステロイドを投与することで、一旦またリセットしてはどうか、と提案がありました。


赤味をとったり、アレルギーの目の感じ(炎症)を治すのはステロイドです。
なので、抗ヒスタミン剤+ステロイド5㎎×3日間、残り4日間は抗ヒスタミン剤のみ、これを1週間1クールとして、2クール繰り返す。

これによって、もっと良い状態で安定できないか、ということです。
先生自身、花の様子を確認しながら、試行錯誤です、と正直におっしゃってくださいます。


5㎎は、体重6.5㎏の花にとっては、許容量の80%弱になります。
おおらか先生で注射をして、6~8週保つことと、この6週で、ステロイドを10日間くらい飲ませることを比べると、身体への負担は飲み薬のほうが少ないと思うと言っていました。


花粉の飛散のピークは過ぎたようですし、これでまた一段とよくなると良いのですが。

アレルギーらしい目元・・・
赤くはないですが


お薬増えたらしの、あたちちっとも気づいてないけど、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

スポンサーサイト
【2015/04/27 23:31 】 | アレルギー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ひなげしと花 | ホーム | ベテラン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |