花といっしょ 落下!!
落下!!
一緒にベッドで眠っているときの定位置は決まっていないちいちゃい子。
目覚めた時に足や腕にぬくもりを感じると、うれしくなって、ベッドから降りる前に、すり寄って、耳元でおはようと囁きます。

すると、起きた気配、身体を動かしただけで、そぉっと身体を倒し、必ずお化けの手をします。
端っこにいたら落ちそうになり、支えることもしばしばです。


危ないから先回りして支えていたのですが、過保護だったのかもしれません。
自分の位置を省みないため、先日、背中から落ちました。

まだぼんやりしていた目が一瞬で覚めました。


ベッドのフレームに、打ち所悪く当たったら、大変なことになるかもしれません。
足からだったら、骨折や、床で滑ることも心配です。

ところが本人本犬、何が起こったのかわからなかったのか、ウンともスンとも言わず、床できょとん。


どんなに不安定でも、おかあさんが支えてくれると思って安心している?
それはうれしいけど、自分の居場所は把握しておいたほうが、安全だよ。

警戒心バリバリなのに、こんなこともあるなんて^m^


サークル越し、なにやってんの的な冷やかな目線・・・
いろいろ慌ただしく動き回っております、はい


落ちた?そんなことあったかしら、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。 
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ

スポンサーサイト
【2015/07/20 23:54 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<声がした? | ホーム | 梅雨明け!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |