花といっしょ 細胞の記憶?
細胞の記憶?
不思議なことがあります。

さかのぼること数年、2011年6月1日、柴犬に手を咬まれました。
その1その2

2、3カ月で傷も目立たなくなりました。

ところが、その後、一番深く傷を負った一点が折りに触れてかゆくなるのです。


最初は何週間かおき、つぎは何ヶ月かおき、そしてここしばらくは忘れていましたが、先日久々に。
あまりのかゆさに、掻きむしり、傷になってしまいました。

1週間経った今もかゆみは続いています。


なぜ、この1点なのか。
なぜ、とてつもなくかゆくなるのか。
当座なら炎症反応、いわゆる治りかけのかゆみでしょうが、なぜ、何年も経った今なのか。

本当に不思議です。

目覚めたらオチリを足にくっつけるようにして寝ていました。
幸せ^m^


あたちじゃないの、あたちはそんなことしないの、という花にぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト
【2015/10/07 23:18 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<雑というか慣れたというか | ホーム | イベルメクチン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |