花といっしょ 抗ヒスタミン剤逆戻り
抗ヒスタミン剤逆戻り
週末、アレルギーで病院(Y先生)に行きました。

断薬のためのステップとして、一日1錠だった抗ヒスタミン剤を2日投薬1日休みの○○×の形で与えたことにより、状態がどうなったか。
前回の9/26から1.5カ月間、間が空いての定期報告です。


気温、湿度低下に伴いもっと改善すると先生も期待していたのですが、はかばかしくないこと。

10/21からステロイド錠(5㎎)を3日与えたことで、改善の兆しも見えたが、10日もしないうちに、また芳しくない状態に逆戻りしてしまったこと。

評点は、70~75、消して低くはありませんが、今は薬を飲ませたいと思っている状態だということを、画像とともに説明しました。


その結果、抗ヒスタミン剤を春先のような、朝晩1錠ずつの状態に戻す。
ステロイドは7㎎を3日間飲ませる。

そして次回の報告は2週間後になりました。

抗ヒスタミン剤を減らした影響が出ているのか、今一度高いレベル(良い状態)に上げてから、再度チェックするということです。


ステロイド錠は体重比1㎏あたり1㎎の投与が適正で、いつもは、5㎎と少し少なめの投与でした。
春先の一番酷い時でさえ、1錠(5㎎)+1/4錠(1.25㎎)で6.25㎎だったのが、今回はきっちり。

5㎎の錠剤しかなかったので、割るにしても、半分か1/4、だったのが、1㎎の錠剤ができたとおっしゃってました^m^

7㎎は3錠飲ませることになるので、先生は、1錠のほうが良いだろうか、お薬飲ませるのはどうですか?と気遣ってくれました。
しかし、まったく気にしないちいちゃい子。

昨晩は、フードにステロイド、抗ヒスタミン、フィラリアと5錠交ぜましたが、完食。
というか、抗ヒスタミン剤がフードボールに貼り付いて残ってしまったのですが、一生懸命取ろうと舐めていました(結局食べました)

手のかからない子で助かります。


ステロイド(ブレドニン)  
右(小さいほう)5㎎、左(大きい方)1㎎

下 抗ヒスタミン剤(インベスタン)
目薬は眼圧用
錠剤に5と1と数字が刻んであります

定位置にて^m^
かゆくないよ


お味の違うフードがたまに交ざってることあるの、トッピングは煮干しが多いの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト
【2015/11/16 23:29 】 | アレルギー | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<副作用(多飲多尿) | ホーム | いまいち>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |