花といっしょ 動画サイト
動画サイト
モール?を歩く自閉症の子どもの目線・・・の動画を見ました。
外国のもの、音声なし、映像のみなので、誤って受け取っているかもしれませんが、回りをぼんやりと見つめるのではなく、ひとつひとつを注視するような感じを受けました。

自閉症とわんこ(花)の感覚は通じる部分があると思っています。
以前読んだ、『動物感覚 -アニマル・マインドを読み解く』 (テンプル・グランディン)からも、それを強く感じています。

この目線の動画に何かキャプションをつけるとしたら、気になる、気になる、気になる、気になる、こんな感じです。
きっとお散歩している花もそうなんだろうなとつくづく思います。


動画の中で、時折おかあさんを見つめる、おかあさんは笑ってる、こんなシーンがありました。

うまく言えませんが、気になる(尖ってる、冷たい、原色)と気になる(丸い、暖かい、淡い=おかあさん)
花も、気になることは止められないでしょうが、その気になるが少しでも柔らかいものになってほしい、そんなことを思いました。

なんだか抽象的というか漠然としちゃいましたが。

あごのせ。
くつろぎ


あたちはおいちいものがあれば、それだけで良いの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト
【2016/04/30 23:42 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<一番甘える時  | ホーム | 歯科治療の術前検査>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |