花といっしょ 奥田先生歯科治療~処置編
奥田先生歯科治療~処置編
ゴールデンウィーク中に行った歯科治療について、残しておきます。

長くなってしまいましたので、2回に分けます。
まずは、処置編です。


結論から言うと、欠けた前歯は、歯髄が露出しておらず、特に治療はありませんでした。
しかし、左上奥歯2本を抜くことになりました。


病院はマンションの一室を改造しています。

診療開始時間(9時)になると、1階に看板が設置されますが、紹介のみで診療しているため、オープンな感じはありません。
バスだったので、余裕を見て30分前には着いたのですが、その時点では看板も出ていませんでした。


執刀をするのは奥田先生ですが、そのほかに二人、助手の女性の先生がいました。
手術や麻酔の助手(先輩)と、飼い主に歯のいろいろを説明する助手(若手)のようです。

奥田先生はもとより、助手の先生も、花には柔らかい声を出しますが、愛想からはほど遠い。


念のため自宅から、使用しているハブラシと歯磨きを持参していました。

話の流れて、自宅には未開封の獣医師・・・と書いたハブラシがもう一本あると言ったところ、獣医師って、フン(鼻笑い)
私はそんなもの認めたことない、日本に歯科専門獣医は自分だけ。
自負も、技量も高い・・・


まずは、カルテを作成するため、いろいろなことを聞かれました。

どんなおもちゃを与えているか、おやつは、フードは、何を食べさせているか。
今のことだけでなく、過去からさかのぼってです。

ワクチン接種は何種?などかなり精密です。

対面していたのは、若い助手の先生ですが、内容を麻酔の準備をしている奥田先生にちょこちょこ確認、報告。
曖昧なことは許されない感じがして、正確に話そうとすると、緊張してしまい、少々テンパってしまいました。


そして、麻酔~処置が始まりました。
手術室はとなりの部屋ですが、丸見えです。

前歯をチェックし、手術台に呼ばれました。
レントゲンで説明を受け、これなら抜かなくて大丈夫と言われ、よかったと大きな声で言ってしまいました。


その後、少しして、あぁダメと、また呼ばれ、今度は奥歯の説明を受けました。

一番奥の歯が斜めに生えていて、奥から2番目の歯を押しており、3つある歯根のうちひとつが腐っているそうです。
痛みもあったらしい。

抜きます、否やの選択肢はないですが、同意を求められました。


今回このように見ていただかなったら、気づかず、もっとひどい状態になってしまったはずです。
抜くと言われた時はかなりショックでしたが、良い選択ができました。

この奥歯2本は咀嚼にも関係ない歯だそうです。

処置の最後にはステロイドを点滴したようです。
かゆみが出ていたので、助かりました。

使う薬や麻酔の管理に関しては、アレルギーがあるため、かなり注意深くしてくださったかもしれません。
その子の状態状況に応じ、適宜内容を変えているかもしれません。


麻酔中には、爪の手入れもしてもらえました。
ここでやってもらえるという他の方のブログを見ていたので、伸びたまま行ってしまいました(^^ゞ



手術が終わった時、麻酔を醒ますために、花ちゃんと名前を呼び、身体を揺すったところ、絶叫しました!
その後、身体は痙攣するように大暴れ。

処置の様子はすべて見ることができましたが、麻酔が醒めるから!大丈夫!と早口で言われ、大きな声で扉閉めて、と指示。


絶叫にはびっくりでしたが、肺に空気が送られる際の叫びとのこと。
大暴れは錯乱でしょうか、パニックの暴れに通じます。

醒める瞬間を初めて見、あんな風になるんだと、衝撃でした。


今後は、来月中旬に歯磨きがちゃんとできているかのチェック。
一年後くらいに、再度レントゲンを撮るかもしれません。

今回の費用は、麻酔、レントゲン、処置、すべて含めて6万ちょっとかかりました。
内服薬等の処方はありませんでした。


欠けに気づいた日に撮ったものです。
よく見ると◎が見えますが、この状態は、歯髄は露出していないということ。
セーフ

抜いた歯です。
右から一番奥の歯、さらに歯根別に3分割で抜いています。
一番奥歯に近い歯根、根元が黒いです。
持ち帰りました(^^ゞ


どんよりしてる風(実は眠いだけ)
眠いの


なんかいろんなことあったの、お口の中、ちょっと違う気がする、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト
【2016/05/09 23:33 】 | 歯のこと | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<奥田先生歯科治療~それにひきかえおかあさんは編 | ホーム | ゴールデンウィーク最終日>>
コメント
----
七ママさま
いやぁ、とぉっても長い記事になっちゃいました。
歯の写真はドドンと載せてるし(^^ゞ
ただ、書いたことで、今後のだれかの参考になったら良いなと思ってます。
奥田先生、相容れない飼い主さんもいるだろうなとは思いますが、腕は確かです、ほんと。
by:mamehana → 七ママさま | URL | #-【2016/05/10 12:20】 [ 編集] | page top↑
----
ななさま
お気遣いありがとうございます。
やっと今朝くらいから、すべてがデトックスされて、いつもの感じに戻った気がしています。
人もわんこも歯は大切ですね。
しみじみ・・・^m^
by:mamehana → ななさま | URL | #-【2016/05/10 12:18】 [ 編集] | page top↑
----
詳細な記事、ありがとうございます。
とっても興味深く拝読しました。
奥田先生のキャラ、すばらしいです・・・(^_^;)
七の歯内治療をしてくださった江口先生、
奥田先生の影響バリバリなようです。
とくに、わんこにはやさしく、飼い主に厳しいところが(-_-;)

歯髄が露出していなくて、不幸中の幸いでした。
また、歯科専門医さんにかかったことで、
花ちゃんの痛みを取り除いてあげられたことも、
災い転じて福となすだと思います。
続きを楽しみにしています。
by:七ママ | URL | #-【2016/05/10 02:54】 [ 編集] | page top↑
--お疲れ様でした。--
こんばんわ
無事に終わってよかったですね。
一安心できますね。
花ちゃんも母さんも本当にお疲れ様でした。
お仕事もありますがゆっくり休んで下さいね。
内容を拝見してると心身ともにお疲れのことでしょう。
花ちゃんよく頑張ったね!!
よくなったらご褒美もらわなくちゃだね♪
by:なな | URL | #-【2016/05/09 23:54】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |