花といっしょ 孤独の果てで犬が教えてくれた大切なこと
孤独の果てで犬が教えてくれた大切なこと
表紙のイラストと犬という言葉に惹かれて、『孤独の果てで犬が教えてくれた大切なこと』瀧森古都 著 を借りました。
食指が・・・


以下は主観です。

タイトルから犬が主役と感じてしまいましたが、犬はモチーフのひとつで、犬である必然性はありません。

図書館の抄録には、『家族の温かみを知らずに育った少年・宏夢と、移動図書館の館長をしているミツさんは、せまい物置の中で飼われている犬を救うべく、誘拐を計画する…』とありましたが、これも少し違う気がしました。


とはいえ、登場人物たちの成長だったり、人生を見直したりに、犬がところどころ介在する、ハートウォームな内容で、さらさらっと読める作品です。

この作品より前に発表された、『悲しみの底で猫が教えてくれた大切なこと』も読んでみたい気もしました。


読み終えたら、ちいちゃい子を抱きしめたくなりました。
ちいちゃい子、とばっちり ^m^


何も言っていないのに、すちゃっとお座り^m^
いい顔してるね

抱っこやなの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
そんなこと、いわないで~(^^ゞ
スポンサーサイト
【2016/07/29 23:45 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<きゃはは~ | ホーム | 親ばか、ばかばか、大ばか話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |