花といっしょ 距離
FC2ブログ
距離
パソコンをしている時など、そばに寄って来ますが、ギリギリ手が届くか届かないかくらいのところで立ち止まります。
あるいは、するっと母の脇をすり抜け、机の下にもぐりこみます。
オイデと呼んだときも、この、ギリギリの距離までしか来ません。
手を伸ばせば、頭を撫でたりもできますし、おやつがあると、ひざの上にも乗ってきます。
べたべたしない子、このくらいがちょうど良い距離感なのかもしれません。

 

でも、それじゃあちょっと残念なので、最近、タッチという芸を教えています。
グーにした手に鼻をツンとつけるものです。


これだと、手を伸ばしてグーを作れば、母との距離は今までと同じ。
手を縮めれば、かなり近くにまで来ます。
もう少しそばに寄って来て作戦です。
そして、これ、オヤツがなくても、だいぶんできるようになってきました。



それでも、届くか届かないかの距離にいるとき、母が立ち上がったり、動いたりすると、サササッとサークルに逃げます。
 
 


それが、この状態で立ち上がり、抱っこしようとしたら・・・
なんと、逃げずにだっこさせてくれたのです。
いつもなら、サークルに駆け戻る場面で、初めてです。
もちろん、その一回だけですが、それでも、うれしくてうれしくて。


好きだよ光線をずっと出し続けた甲斐がありました(^^ゞ


アキレスです。おいちい!!
硬いの!
ふんぐっ!!




あたち、抱っこは好きじゃないから、つかまらないようにしてるの、という花にぽちっと応援よろしくお願いします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2009/08/19 22:36 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<お姉さん | ホーム | 宵っ張り生活>>
コメント
----
風ママさま
タッチ、うれしい~。
風ちゃんと同じようなことをしてる!!


70㎝、手が届くか届かないかの距離。
タッチで、てけてけと寄って来て、ツンってしてくれる。
まったく同じです。
いろいろ応用もききそうなので、完璧にできるように、を目指します!!
by:mamehana → 風ママさま | URL | #MmAI.QJQ【2009/08/20 22:47】 [ 編集] | page top↑
----
ロコモコさま
奴らは抱っこが嫌いですよね^m^
でも、抱っこしたいの~って、抱えるので、仕方ないのって諦めてるようです・・・


タッチは側に来てほしいときに使えますから、完璧にできるようになったら、便利そうです。

by:mamehana → ロコモコさま | URL | #MmAI.QJQ【2009/08/20 22:45】 [ 編集] | page top↑
----
なかむら まんぼうさま
つかず離れずが好き・・・そうみたいですね。
つい、迷惑省みず、好き好き光線を出して嫌がられ、諦めを覚えたようです(^^;)

おやつ・・・
飼い主に見せびらかせるように、側で食べてくれたら、うれしいのですが、陣地に持ち帰り、こっそり食べてます。

by:mamehana → なかむら まんぼうさま | URL | #MmAI.QJQ【2009/08/20 22:43】 [ 編集] | page top↑
--私もやってます--
風も、べたべたが苦手なせいか
家の中では
読んでも、70cmほど離れた場所で
立ち止まります。

そんな時、グーした手で
タッチというと
鼻ツンしてくれ
私の手の届くところに・・・。

私も普段の生活でタッチは活用していますよん。
いっしょですね。
by:風ママ | URL | #JalddpaA【2009/08/20 12:52】 [ 編集] | page top↑
----
何気ないことが嬉しく感じますね♪
うちも、抱っこしようとすると
同じようにサーーッと逃げちゃいますよ(^^;
柴犬は、独りでいる時間も少しあった方が良いと何かの本で読んだことがあります・・、ベタベタは嫌いなのかもしれませんよね☆

 
by:ロコモコ | URL | #-【2009/08/20 09:19】 [ 編集] | page top↑
----
それは嬉しいですね~!
私も嬉しくなりましたヨ!!(*'ー'*)ふふっ♪

柴はつかず離れずが好きみたいですよね。
抹茶もそうです。

入っちゃダメ地帯に入りたい時だけ
抱っこをせがみます。(" ̄д ̄)けっ!

おやつ食べてる花ちゃん
嬉しそうな顔してますね~。(´m`)クスクス
癒されます~♪
by:なかむら まんぼう | URL | #-【2009/08/20 01:34】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |