花といっしょ 投薬量減
FC2ブログ
投薬量減
今回のA病院(眼科)受診では、眼科検診の他に、詳しい心臓検査、年1回の健康診断の血液検査、さらに甲状腺のための血液検査をするつもりでした。

健康診断の血液検査については、クリスマスの摘出手術時、かなりしっかり検査をしたので、頻回ですかと伺うと、犬の4か月は1年だから、やりましょう、とのお返事です。
甲状腺はY先生のアドバイスを踏まえ、血液検査を依頼したところ、案の定?やりますか的なリアクションです。

もしかしたら花の負担を考えてのことだったのかもしれませんが、ここは押してお願いをしました。
結果は、正常範囲(1~4)を超えて、値が上がり過ぎ(5.2)ており、投薬量減りました。
チラージン100+50/夜のみ → チラージン100/夜のみ

今後は、どのくらいの間隔で通院したらよいのですか?と尋ねると、薬を飲んでいたら、そうそう気にしなくてもという感じで、次回眼科はいつですか?と聞かれました。
4か月後ですと言うと、じゃあまぁ、その時に。

しかし、Y先生なら2か月に一回検査をするという言葉や、今回のような値の変動は気になります。
4か月後ではありますが、次回もまた、検査はお願いしようと思います。

病院では、心配性の飼い主とのフラグが立った気がします。


瞳、開いているように見えますが、熟睡中です。
寝てる


血取られたの、痛かったの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2021/04/19 22:13 】 | 甲状腺機能低下症 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<正常なれど | ホーム | お散歩できます>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |