花といっしょ トレーニング
FC2ブログ
トレーニング
今年になってから、月1回くらいのペースで来てもらっていた、トレーナーさんの最終レッスンが終わりました。


あまりにも、思っていたのと、平均像?と違う子に、楽しくお散歩ができるようになって欲しい、そのきっかけになれば、と始めたトレーニングでした。
初わんで、いろんな不安がありました。
トレーナーさんと会話することで、それが払拭できるんじゃないかとも、思いました。


でも、要はトレーニング。
練習のための空き地は、お散歩安心エリアであっても、普段は行かないところなので、落ち着いてはいられません。
毎日、前を歩いてる、駐車場も、中に入れません。


場所慣れは、様子を見ていたトレーナーさんに、少しそこに居れば慣れてくると言われ、そうかもと思い、そうしてきました。
そうすることが、花にとっての勉強になると思ってもいました。


多少はそうでしたが、いざ、トレーニング、歩いて見ましょうと言われても、動けない。
テンションをあげようとしても、ちょっと走ったら、終了。


花の特性を踏まえて、対応はしてくださいましたが、花と母、お互いの身についているんだろうか、と疑問にもなりました。


それでも、トレーニングはマイナスにはならない、花にとって何かのきっかけになるかも、母も学ぶことがたくさんある、と止めませんでした。


もちろん、たくさんの気づき、きっかけをもらいました。
カリキュラムに添って、マニュアルを提示してくれますので、あとで見返すこともできます。


ただ、さくさく歩くこともできない中でのレッスンは、少し尚早だったかもしれません。
先日の最終日、ランでやっと慣れた公園に行き、常に尻尾が上がって、歩いたり、動いたりすることができる状態になりましたから。






オヤツが食べられなくなった時、どのように対処してあげたら良いのか聞いた時、解決法でなく、生後3、4カ月頃のトラウマが出てきたのかもしれませんと言われました。
無理して散歩させないという選択肢もあるとも言われました。


でも、あの日々が、トラウマになった、と認めたくはありません。
右も左もわからない中、花が大好き、それだけを原動力に、頑張ってきました。
もしトラウマになってるなら、振り払ってあげる。


散歩をさせないという選択肢は、母にはありません。
止めたらそれまでです。
良く言われる柴の性格と一緒(^^ゞ、勝気なキツイところがむくむく。


ネットでいろんな情報を得ることができる、この時代、飼い主もいろんな知識を持っています。
わんこのプロであるトレーナーさんの意見でも、わが子に合うかは一概には言い切れないと思ってしまいます。
そして、そんな飼い主と相対するわけですから、トレーナーさんは、大変だとつくづく思います。


トレーナーだから、費用が発生しているのだから、トレーニングをしなくてはならない、と思われていたと思います。


母としては、こんな子の飼い主のコンサルティングというか、日々の暮らしの中でやってきたことが、間違っていなかったか、軌道修正してもらう、そんなプロの人との会話というプログラムがあっても、良いと思いました。


そして、いつもの時間、いつもの道を、もう少しうまく歩きたい。
ただそれだけの、お散歩のレッスンがあると助かりました。
・・・これは、そのように依頼すれば、叶ったかもしれませんが、ついつい、トレーニングする方を選択してしまいました・・・


それにしても、年初から、悩みの本質はあまり変わっていません・・・(>_<)あちゃ!




今朝のおはようの風景です。
ぐだぐだしてます・・・
もう朝なの?
起きる・・・よ
やっぱり起きなきゃだめ?
ねむいなぁ
じたばた
う~ん
もうちょっと
ほんとにちょっとだけ
起きるかぁ・・・


あたちにはいろんな可能性があるの、おかあしゃん、頑張って、と言う花にぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ


とっても長くなってすみません。
スポンサーサイト



【2009/11/01 22:20 】 | 未分類 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
<<名前 | ホーム | 自然発生的ドッグラン>>
コメント
----
なかむら まんぼうさま
中途半端一通りって感じです・・・(+_+)


外で自由に動けないのに、トレーニングなんて、時期尚早だったかも。
だから身につくもへったくれもないってかんじです。

いろんな人のブログやら、花の様子やらを見ながら、自己流でぼちぼちやりますわ・・・
何かの大会に出るわけじゃないから、のんびりします。

刷り込みってまぁまぁ有効手段なんですね、ふふふ。
by:mamehana → なかむら まんぼうさま | URL | #-【2009/11/03 12:02】 [ 編集] | page top↑
----
トレーニングがひと通り終わったんですね~。
mamehanaさん、花ちゃん
(ノ゜▽゜)ノ ⌒~【☆:*:・おつかれさま・:*゜☆】

花ちゃんのことを一番分かってるのは花ちゃんのお母さんですもんね。
わかります、わかります。
トレーナーさんの前ではなかなか全部は出し切れないもんだと思います。

カリキュラムのレッスンがひと通り終わったら
個人に合わせてアレンジしてくれるところもあると思いますヨ。
抹茶は今は通いのグループレッスンですけど
パピーの時は出張で来て貰っていて
「次はどうしましょうか?」と相談しながら苦手ポイントを潰していきました。

そうそう、階段の刷り込み、今のところ成功しているようです。
^m^ ムフフ
by:なかむら まんぼう | URL | #e3qcoAQ6【2009/11/03 09:25】 [ 編集] | page top↑
----
haru_yukiママさま
慣れるのにとても時間のかかる子です。
何回かあっていても、最初は緊張してる感じがしてました。
でも、トレーナーさんのことは好きみたいでした。


花のプロは母、最近そう思えるようになってきました。
いっしょにゆっくり、楽しく、暮らしていきます。(^o^)
ありがとうございます。


はい、写真は寝起き、おはようと声をかけてからの、ぐだぐだを撮ってました。
ちょっと身体を起こしても、また寝てしまって、ひっくり返ってうだうだして、人間といっしょです(^^ゞ
by:mamehana → haru_yukiママさま | URL | #-【2009/11/02 23:15】 [ 編集] | page top↑
----
やっこさま
自分のブログで本音が書けないって、わかる気がします。
訪問して書く、コメントのほうがより本音に近くなるような・・・


花と暮らし初めて、悩んでやっこさんのブログを見て、メールを出したりもしましたよねm(__)m
服従訓練をしていたけど、あいちゃんが楽しそうでないから、止めたという記事も見
ています。
飼い主の言うことを聞くということと、服従訓練の違いがいまいち解ってないのです
が、ある程度、本音は透けて見える気がします(これ、自分にもいえます)


トレーニングも、世間でいういろんなことができるようになりたいという気持ちあります。
ちょろちょろ歩くと踏みそうで危ないから、ツイテ歩きしてほしい。
いざって時、呼んだら戻ってきてほしい、だからオイデ。


問題行動といわれることに悩んでる人がたくさんいることもわかります。
でも、うちの子の一番の気がかりはそれじゃない。


あれもこれも。
よくばりですよね・・・


チャーリーママさん引っ張ってきたいですね。
やっこさん、タッグ組みますか(^^ゞ
by:mamehana → やっこさま | URL | #-【2009/11/02 23:14】 [ 編集] | page top↑
----
風ママさま
愛犬と幸せに暮らすために、トレーニングがあるんだと思います。
だから、トレーニングは手段であって、目的ではない。
トレーニングを目的にすると、なんかおかしくなる気がします。
そして、それが、ママさんの違和感だったのでしょうか。


私はトレーニングというか、飼い主と一緒にお散歩をすることのいろいろを教えてほしいのかな、なんて思いました。
それが、脚側であり、引っ張り防止であるといわれれば、仕方ないですが、ちょっと違うような・・・
まったく引っ張らず、飼い主だけ見て歩くなんて、不自然ですし・・・


ママさんのライフワーク探し、光が見えますように。

by:mamehana → 風ママさま | URL | #-【2009/11/02 23:13】 [ 編集] | page top↑
----
最終レッスン、お疲れさま^^
慣れない場所、しかも強張ってしまったままの状態でのトレーニングは、厳しいのかもしれませんね。。
それに、花ちゃんは、どちらかというと?
うちのユキのように人見知りじゃない?
何度と会ってるトレーナーさんでも、
母と二人っきり(一人と一匹)のレッスンとは勝手が違うのかもね?^^
トレーナーさんからは、多くのことを学ぶことができて、
とても良い経験をしましたね^^
けど、どんなマニュアルもテクニックも、全てに当てはまるわけではなく・・
花ちゃんには母がプロになってあげればいいじゃん♪
花ちゃんのベテラン母さん!レッスンはまだまだ続く!
タイトル通り「花といっしょ」でガンバレ^^b
写真の花ちゃん、起きがけに、お目目をこすって、
伸び~んしてるところかな?^^

by:haru_yukiママ | URL | #LaVwoRLA【2009/11/02 13:57】 [ 編集] | page top↑
----
すごーく共感しました。

私も、今だから思うこと、「あいに服従訓練は必要なかった...」というより、それ以前の社会化できてない問題の方が先だったな、と。
ネットでいろんな情報を得るたびに、ますます、あの訓練は悪影響(までは言い過ぎかな!?)だったと思ってしまいました。

でも、訓練を受けている時は、その方法しか知らないし、教えられたことは出来るようになりたいという思いで必死だったのですよ。
(すみません、自分のブログで本音を書けない私はズルいですかね...)

ベルの場合は、訓練といっても楽しそう!ですし、今のところ競技会等もストレスなさそうなので、今後も続けると思います。
やっぱり、向き不向きありますね。。。

チャーリーママさんのような、お散歩トレーニングに参加したいという思いでいっぱいなのですが、遠いですもんね。

経験したからこそ分かることだらけです。
出来ることなら時間を巻き戻したい、でもそれは不可能なので、現状で出来ることを地道にがんばります。

ごめんなさい、長くなりました。ほとんど私の愚痴ですね^^;

母様の努力で成長している花ちゃんにぽちっ♪
by:やっこ | URL | #-【2009/11/02 00:10】 [ 編集] | page top↑
--すごくわかります。--
mamehanaさんは、すごく花ちゃんのことをわかっていて、時間はかかっても楽しめるようになることを信じて、前に進んでいらっしゃる。

すごく尊敬します。

確かに、愛犬に対して「あきらめる」気持ちを持ったら、すべてそこでストップしてしまいますもんね。


実は、私は1年前、トレーニング教室のアシスタントをしていたりもしたんです。

まぁ、それはトレーナーになるための勉強の一環でも、あったんですが。

だけど、私はトレーナーに本当になりたいのか、どんどん疑問ができました。


トレーニング方法を教えることも大切だけれど、「愛犬と幸せに暮らせるための力になりたい」という気持ちが強く、そのひとつにトレーニングという手段もあるけれど、それだけじゃない。私がやりたいのは、トレーナーとは、ちょっと違う・・・。

そんな気持ちになって、やめてしまいました。

もちろん、わんこを扱うテクニックの勉強にはなりましたが、それはテクニックであって、なんていうか目標じゃないような気がして・・・・。

そして、今自分のライフワークとなる仕事の模索中です。


ごめんなさい。自分のことばかり、書いちゃいましたね。

花ちゃんは、花ちゃんの魅力がいっぱいあるし、一歩ずつ緩やかになれるタイプだから、これからも頑張ってくださいね。
応援しています。
by:風ママ | URL | #JalddpaA【2009/11/01 23:30】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |