花といっしょ 散歩への道
FC2ブログ
散歩への道
歩く、に向けて、地面二日目です。


昨日は訳がわからず、思わず歩いてみたけれど、今日は訳がわかって、怖いと言う感じです。
ただ、昨日は8割フセていたのに対し、スワル8割になってます。
これは進歩なんだか・・・
見事に?尻尾が下がって、背中が丸まってます。
怖い


しばらく、悪戦苦闘しましたが、無理そうなので、いったんバックに戻しました。


少し歩いて違う場所でリトライしましたが、今度は固まってしまいました。
フセをしていますので、スワルより、より固まってるということでしょうか???
ヤでしゅ


一週間くらいは歩かなかったと話しかけてくれた方がいらっしゃいました。
さて、花はどれくらいで歩くでしょう・・・


バッグに戻した後も、ぐるぐる歩き回っているのですが、確実に帰宅方向だとわかったら、縮こまっていたのが、首をのばして堂々としてきます。
思いついて、エントランスの10メートル手前で、下ろしてみたら、エントランスに向かってすたすたと歩きます!
えっ!歩く?
でも、入り口の自動ドアの手前でピタッと止まり、引き返しました。
前からそんな気はしてたのですが、自動ドアも苦手みたいです。


喜ぶポイントが違うかもしれませんが、うちに帰ろうとしている花を見たら、うれしくてたまりませんo(^-^)o
うちの子になるのに、時間がかかると言われてましたが、もう花はりっぱにうちの子です(*^_^*)


そうそう、もちろん?行きのエレベーターでは、!してます。

スポンサーサイト



【2008/08/11 21:54 】 | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
<<道は険しい・・・ | ホーム | 初地面!>>
コメント
--ロコモコさま--
本当に慎重さん怖がりさんです。
ROCOチャンは怖がりは大丈夫ですか?
うちもフセは確かにしないです。外でしたのが不思議でした。
逆に完全降参体勢?なんて思いました。
家が解ってるってとってもうれしかったです。
by:mamehana | URL | #MmAI.QJQ【2008/08/12 20:13】 [ 編集] | page top↑
--やっこさま--
コメントありがとうございます。
はい、トレーナーさんには安心をもらいました。
ただ、まだ反抗期前なのでどうなるかはわからないですが、育てにくい子、初心者向きではない子と言われました。
そう言われても、うちの子はこの子ですから、楽しく暮らすために頑張るだけです。
それに、幸い、健康です。ここはポイント高いよと心の中で思ってました。
あいちゃんはどんな訓練を経験したのですか?耐性が低いと言われたのでしょうか?
参考にしたいので、教えてください。
ちなみに、散歩どれくらいで、できるようになりました?(あっ!焦ってますね・・・)
by:mamehana | URL | #MmAI.QJQ【2008/08/12 20:12】 [ 編集] | page top↑
----
花チャンガンバレ~!!
お散歩も、ゆっくり慣れていけば良いですよ☆花ちゃんにとって、全てが初めてのことなので怖いのも仕方ないですよね^^
ちょっと、意味が違うかもしれませんが・・
お外でフセできるのって、逆にスゴイなぁって思いました!室内でフセができても、外ではできないワンコは多いらしいですよ♪敵がくるかもしれない外では、お腹をつけるのを嫌うワンコが多いらしい・・と、聞きました^^
家に帰ろうとする花ちゃん、嬉しいですよね!
家だって分かってるんですもんね♪
by:ロコモコ | URL | #-【2008/08/12 14:17】 [ 編集] | page top↑
--花ちゃん、スゴイね!--
花ちゃん、1歩2歩前進ですね。
ドッグトレーナーさんに来てもらう事で、母様も少し安心できたのではないですか?
この時期から、トレーナーさんに見てもらったのは大正解だと思います!
ウチのあいの場合は、1歳も過ぎてからの訓練開始で、遅かったな・・と反省です。(まさに悪い方向にいってしまった子です^^;)
訓練士さんからは、「難しい子」のお墨付きを頂き・・・v-12
それでも、努力を続けました。目覚しい激変はなかったけど(1歩進んで2歩下がる!?の繰り返し)、やはりプロの目で見てもらいアドバイスを受けてよかったと思っています。
耐性が低い子だから、無理は出来ないけど、譲れないところは一貫した態度で。。。この見極めが本当に難しいと思いました。
花ちゃんと母様のペースで、ゆっくり焦らずですよ!頑張ってください。
私も頑張ります!
by:やっこ | URL | #-【2008/08/12 09:26】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |