花といっしょ 犬と暮らす、花と暮らす
FC2ブログ
犬と暮らす、花と暮らす
少し前に、わんこ飼い歴20年近い友人と話をしました。

業者さんが来た時に、帰りがけにウォッフって言ったの。
これ、あの子のプライドなんだろうなって思うの、という母に対し、帰りがけに鳴く、犬ってそういうものらしいよ、とサラッと言います。

行動に意味を持たせたい母ですが、ベテランさんはさっぱりしてます。


花を猫可愛がりしている母。
いなくなった生活、想像したくない、自分がどうなってしまうか、と言ったら、花と暮らしたいの、わんことくらしたいの、と聞かれました。
それによって、心のありようが違うということなんでしょう。

・・・花と暮らしたい、です。



ヘチマのおもちゃをいただきました。
友人ちのわんこは、音がしない、味がしないで、かみかみして遊ばなかったそうです。
それならと、足にちょっとチーズの匂いをつけてみました。
匂いがある間は、噛んでいました(^^ゞ
前足につけてみました


お互い元気で暮らそうね。
100706-1.jpg



あたちにお留守番させて、おかあしゃんおしゃべりしてきたの、という花に、ぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
スポンサーサイト



【2010/07/07 23:46 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<second birthday | ホーム | 名前を呼ぶ>>
コメント
----
風ママさま
花という、言葉をしゃべらない、解さない?介さない?異文化の外国人と暮らしている、という感じがあります。
それでも、なんとかして、コミュニケーションを取りたいとお互い思っている。
感情もあれば、DNAレベルかもしれないけど、行動にも理由がある。
・・・なんて思ってるんです。
だから、犬という一般論ではなく、花なんです。

by:mamehana → 風ママさま | URL | #-【2010/07/08 23:15】 [ 編集] | page top↑
----
テツの兄貴の家族さま
犬がいる暮らしを楽しんでる、ってことなんだと思います。
そうそう、ただの柴の赤ちゃんが花になった・・・そうです。
この幸せがいつまでも、続いてほしいと切に願ってしまいます。

ほぼ毎回、ヒシッと抱きしめたくなって、抱きしめようとして、逃げられます・・・

by:mamehana → テツの兄貴の家族さま | URL | #-【2010/07/08 23:14】 [ 編集] | page top↑
----
さくらママさま
犬が好きで、犬と暮らしている。
そして、出会ったのがわが子、という気持ちがあった方が・・・ということみたいです。
わが子というか、あの子と暮らすが嵩じてしまうと、ペットロスを受け入れられにくいということなんだと思います。
出会いと別れを経験している人の言葉で、重みがありました。

by:mamehana → さくらママさま | URL | #-【2010/07/08 23:14】 [ 編集] | page top↑
--意味はあるはず--
あー、私は
mamehanaさんといっしょのタイプです。

「犬は、そういうもん」とひとくくりに考えるんじゃなく

そのコが何を考えて、その行動をしたのか
知りたいタイプ。


そういう意味では、私も犬と暮らしたい
よりも

風とずっと暮らしたいという気持ちが強いですね。

種族は犬でも、花ちゃんは、花ちゃん。

風は、風。

それぞれ違いますもんね。
by:風ママ | URL | #JalddpaA【2010/07/08 11:54】 [ 編集] | page top↑
----
さすがベテラン。
大の犬好きなんでしょうね。
でも私たちは、出会いはただの、「柴の赤ちゃんと人間」でも、今は、「花ちゃんとmamehanaさん」「テツとソラと私」だもの、気持ちは深くなっちゃいますよね。私も、お別れの時のことを思うと、今から、ダダをこねたいくらい嫌で嫌でたまりません。
ただ、今を精いっぱい、そして、出来る限りの愛情をかけて一緒にいたいと思います。
花ちゃん、すっごいかわいい顔で見上げてますね。こんな顔されたら、ヒシっと抱きしめたくなっちゃう・・・
by:テツの兄貴の家族 | URL | #6hV442pI【2010/07/08 10:22】 [ 編集] | page top↑
----
そうそう!私も「さくらと暮らしたい!」って言いますよ!
父は、「他の仔犬買うから、さくらをくれ!」と言いますが…
さくらじゃなきゃだめ!なんですよね!
へちまのおもちゃ…歯が綺麗になりそうですね!
by:さくらママ | URL | #JooLlkJg【2010/07/08 08:26】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |