花といっしょ 行動分析学
FC2ブログ
行動分析学
昨日のセミナーは、行動分析学に基づいた、行動を変えるための科学、これをしつけに生かしましょうというものです。

行動分析学とは、環境が変わると行動が変わるということを、科学的に追求する学問です。
科学ですから、徹底した実証、客観性・再現性・信頼性(だれがやっても同じ)を重視します。

そして、しつけ=行動を変えるということ。

この場合、心をどうこうということは考えません。
犬がどう思ってるかは、実証できませんので、行動から、心はわからないというスタンスです。


たとえば、道を歩いている犬に向かって吠える子の対処は・・・

きっかけ   行動     結果
犬が来る   吠える    犬が去る(通りすぎる)  

吠えるを止めさせるために、結果である犬が去るということを一番重要視し、違う行動で同じ結果になるよう、行動を変える。

ステップ、手順を踏みますが、口にものが入ってると吠えられないから、犬が来る、食べる、犬が去るのようにすること。
どうやっても、この子にとっては、犬が去れば、目的が達成されるわけです。

このように考えます。



帰りがけに、講師の先生と少し会話しました。

行動から心はわからない。
ならば、怖いに端を発する行動(パニックになる)がある子に、行動学はどのようにアプローチできるのか。


心をまったく考えないことはないが、こういう場では話が拡散してしまうので、敢えて触れなかった。
何に怖いと思ってるかをさがし、それに慣れさせることだ、とのこと。

今やっていることを、続けることが、やはり解ということのようです。


怖いと思ってるところで食べさせろとも言われました。
でも、食べられないんですよというと、そこでしか食べられないとしたら、3日もしたら、生きる本能から、食べるようになる・・・

ん~!
そうかもしれないけど、それはちょっと・・・




経験を中心としたトレーナー(もちろんある種の学校には行ってるでしょうが)と、大学で、(行動学という)学問、理論を学んだ人。
トレーナーさんを探す際、こういったものも指標にする時代になりつつあるんでしょう。
今はまだ、飼い主の意識も含め、いろんな意味で、過渡期かもしれませんが。


なにか問題が起こった時の考え方のひとつ、アプローチの仕方の引き出しを増やすメリットはありました。
もう少し突っ込んで学んでみたい気持ちもあります。



それにしても、ほんとうにおとなしい花で良かった。
咬む、吠えるなど、なにか課題を抱えた子の対応が、自分にできたろうかって、つくづく思います。




あご、モフモフですよ。
急に寒くなったから
自家製天然なの



ほめられたかどうかはあたちが決めるって習ったらしいの。
今頃知ったの?当たり前なのに、という花にぽちっと応援よろしくお願いいたします。
  ↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ


スポンサーサイト



【2010/12/08 22:56 】 | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<60秒 | ホーム | 愛犬セミナー受講>>
コメント
----
風ママさま
そうですね、コンピューター的。
行動分析学は科学ですから、数値化できないこと、普遍でないことは考慮しないところがあるようです。
ただ、ママさんのおっしゃること、感覚では私もまったく同じなので、その部分、確かに聞いてみたくて、事後の質問になりました。

この学問も広義は心理学を含むようですが、ちょっとメモを取り損ねてしまい、うろ覚え。
普遍、科学、数値、無機質になりがちですが、相手にするのは感情のあるもの。
わんこをちゃんと見ることが求められるんだと思います。

ママさんの勉強、おもしろそうですね。
折々にブログへの登場、是非、お願いします。
by:mamehana → 風ママさま | URL | #-【2010/12/10 22:44】 [ 編集] | page top↑
--コンビュータ?!--
なるほどー。

行動を分析して、傾向と対策を行うってことですね。


ちょっとコンビュータ的ですね。

犬は経験を重ねることで、その行動に変化をもたらすことは確かです。

しかし、その根本には、うれしかったとか、嫌だったとか
気持ちがあると思うんですよね。

さらに、犬には気分がある

同じ原因があっても、今日は○○したけど、次は○○しない

ってこともよくあります。

気分のムラで行動が予測できないことって、風もそうですが
日本犬には、多いらしいですよ。

そのあたりは、どう考えるんでしょうかねー。

まだまだ、奥深いですね。


私は、来年から大学で「犬と飼い主の心理学」について勉強する予定。

まだ、日本でもその授業があるところは、少ないみたいなんですけどねー。
by:風ママ | URL | #JalddpaA【2010/12/09 23:25】 [ 編集] | page top↑
----
テツの兄貴の家族さま
まぁ、ここだけ切り出せば過激かもしれませんが、そういう手段もあるということなんでしょう。
対象を特定できるのなら、有効かもしれませんが、世の中すべてが怖いとなってると、これは厳しいですよね。

トイレ・・・同じようなことを言っていました。
ただし、とにかくがんがん水を飲ませてくれとも言ってましたけど、これも、微妙ですよね。
でも、ことトイレに限っては、介護が必要になったときを考えると、がんがん飲ませる作戦で、1日くらいでやってくれないかしら?
by:mamehana → テツの兄貴の家族さま | URL | #-【2010/12/09 21:45】 [ 編集] | page top↑
----
マリンカさま
ちゃんと伝えることができたかなぁと思ってたので、通じてよかったです、ホッ!
いずれにしても、わんこをちゃんと見ましょうってことみたいです。

by:mamehana → マリンカさま | URL | #-【2010/12/09 21:44】 [ 編集] | page top↑
----
よくわかりました。そして、頭では分かったのですが、うちも、mamehanaさんと同じ。たぶん、ソラが怖がって棒立ち、または、引き返そうとするときに、食べ物をあげても、絶対受け付けないと思います。何日かごはんを食べてなければ、食べる~それは、わかりますが、その、「怖さ」を取り除くために、数日間ごはんを与えない・・・そこまでそのしつけが必要か?と思ってしまうんですよね。
テツが、外でしかトイレをしないというのを「家でも、できるようにしたい」とトレーナーさんに相談したら、
家の中でしなければならなくなるまで(長い子で2日間くらいかかるらしい)、散歩に連れて行かず、トイレをさせなければ、我慢しきれず家の中でトイレをする。その時、たくさん褒めてあげればいい
って言われたんですが、考えただけで、トイレを2日も我慢させるなんて、私にはできませんでした。
難しいですよね。
でも、勉強になりました。また、いろいろ教えてください。
by:テツの兄貴の家族 | URL | #teH.z5Pw【2010/12/09 18:24】 [ 編集] | page top↑
----
なるほど。
なんとなく、意図するところが見えてきたような気がしました。
人間にも応用が出来そうですね。
by:マリンカ | URL | #3/2tU3w2【2010/12/09 17:56】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |